星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2007年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧
前田日明が語る、第2次リングス。
c0039708_10955.jpg


(5ページだけの為に)初めて『GONG格闘技』を購入。
グラウンドでの顔面「有り」か「無し」の二者択一と思っていたが、両面での視野も
考えているらしい。
『RINGS』を「スポーツ競技」として世界的に受け入れられるよう広い視野で見れば
「無し」が理想だが、総合格闘技の狭い視野では「反主流」、それこそ『第1次』の
二の舞に成りかねない、だから両面という「逃げ道」もひとつの策であり、必要。
前田日明の「自問自答」はこれからも続きそうだ。
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-02-27 01:04
赤星が孤軍奮闘2安打2盗塁
前日(24日)の能見とはうって変わって、江草は内野ゴロの山を築く投球で4回2失点。
能見同様、他の“ポスト井川”候補者とは違い、1軍での経験豊富とあって安定感がある。
コチラも先発ローテーション入りに問題はない。
野手では赤星が2安打2盗塁、と赤松との「格」の違いを見せつけた。
開幕1軍に為にもオープン戦前半で結果を残さなければならない赤松、桜井、喜田の
バッティングにはガッカリ、ベテラン・吉井に翻弄されていた。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200702/tig2007022603.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-02-26 07:19
能見、開幕ローテ入りへ前進!
福原、安藤が開幕絶望となれば、“ポスト井川”江草、能見に頼らざるを得ない。
その能見が4回4三振1失点、と先発ローテーション入りへ一歩前進。
全力投球していた中継ぎ時とは違い、力まず制球が良かった、やはり能見は先発向きだ。
今日(25日)は江草、続く好投期待したい。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200702/tig2007022504.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-02-25 10:18
レッドの逆襲!!
安芸キャンプでは林をセンターで試すらしいが、狭い神宮、広島を本拠地とする球団なら
ともかく広い甲子園を本拠地とするタイガース、右中間、左中間の深い辺りへの打球を
処理する上で俊足の野手が適格。
むしろ林より入団時から赤星の後継者と云われてきた“レッド2世”赤松の方が相応しい。
若手の台頭はいいカンフル剤なる、4打数2安打1盗塁、エンジンが掛かってきた。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200702/tig2007022201.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-02-23 00:15
中嶋一貴、Williams新型車『FW29』初ドライブ
“最速”といえ、タイム(1'12.953)は決して良くはない。
前回(ウェット)のバレンシアに劣るタイム、まして今回はドライ、(格下)Spyker相手では
そう高くは評価出来ない。
このバレンシア、プライベーターにとっては貴重な3日間。
22日から2週に亘るバーレーン合同テストが行われる、第3戦開催サーキットであり
開幕前最後の合同テストとあって、これまで以上に結果が重要視される。
バルセロナ、ヘレス、バレンシアでのスペイン国内合同テストとは違い遠隔地である
バーレーンでは渡航費を含むテスト費用が掛かるらしい。
資金豊富なワークスチームには問題は無いが、プライベーターはそうはいかない。
Williamsにとってはパートナー・TOYOTAに期待したいどころ、どれだけデータを
シェアー出来るかだ。

http://www.f1-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/070219193525.shtml
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-02-21 00:21
江草が貫禄3回0封!
“ポスト井川”の最右翼と見ているのが江草。
北海道日本ハムとの練習試合(17日)では長所であるテンポの良い投球で3回無失点。
ライバルと比べて実績、なによりも経験の違いからくる余裕が見て感じられた。
この試合でルーキー・小嶋が初登板、硬さが感じられたが四球で自滅することもなく
2回無失点であれば上々ではないか。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200702/tig2007021806.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-02-19 00:26
所英男vs永田克彦、因縁の対決が実現!
前田日明、永田裕志の代理色が強かった“あの時”にやってほしかった。
我々観る側もそういうバックグラウンドも知っているわけだし、力も一層入る。
1年以上経ってそんな事も消えてしまい、今さら“因縁の対決”と言われても
色褪せて映ってしまう、勝村の敵討ちではインパクトが弱い。

http://gbring.com/sokuho/news/2007_02/0216_heros.htm
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-02-18 23:09
打開策となるか? “シームレス・シフト”
Williamsとの関係はエンジン供給だけでなく、Williamsからの技術供与も含まれている。
それがシフトラグを最小限にするという“シームレス・シフト”
搭載初テストとあってタイムアップの効果は出ずに終わったが、熟成すれば期待は出来る。
バルセロナではバレンシア、ヘレスとうって変わって徐々にタイム差が開き始めてきた。
TOYOTAは3回の合同テストではノートラブルで終えることが出来ず、テストプログラムを
消化出来ずタイム的のも遅れをとっている。
残すはバーレーンでの合同テスト6日間とポール・リカールでのプライベートテスト3日間の
計9日間しかない。(BMWは空タンクか? でなければ要注意!)

http://www.toyota-f1.com/public/jp/tests/20070214.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-02-17 11:37
あれから、5年
横浜大会(2002.2.15)を最後に活動休止して5年。
節目の5年目2007年に『RINGS』が再始動、と思えたが創立者・前田日明の最新の発言から
本格的始動は来年2008年が濃厚か?
18年待った経験者にしてみれば5年も6年も変わらない(約20年ぶりのポリス復活も嬉しい!)

http://rings.co.jp/
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-02-15 23:22
所、勝村と豪華タッグ結成もドロー
大会直前に所英男勝村周一朗の参戦が決まり、(とりあえず)カッコがついた『ZST.12』。
この二人がタッグを組むどころか参戦すら気配がなかっただけに、そんな急造タッグに
「テーマ」があったとは思えない、ただ試合をさせられたような思いがあったのではないか。
勝村が試合前機嫌がよくなかったのもこの事からか、本音は練習不足もあって“スルー”
したかったのだろう。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200702/12/index_b.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-02-15 00:24