星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2007年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧
福原、安藤、開幕投手へアピール
福原、安藤、下柳の3人だけが決まっているタイガース先発スタッフ。
杉山、江草、能見、中村、岩田、小嶋、ジャン、ボーグルソンで残り2、3枠を賭けて
争うことになる。
その福原、安藤さえ「安堵」が感じられない。
エース・井川が抜けチャンスが広がったことで、投手陣が全体的に仕上がり早くなり
スロー調整が出来ない状況になっている。
コレが裏目(怪我)に出ることないよう、無事2月1日(キャンプイン)を迎えてほしい。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200701/tig2007012804.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-01-28 23:54
木下美明TMG副社長 「今年はBスペックの製作は考えていません」
“Aスペック”の出来が良いのか? 恒例のシーズン途中での改良型“Bスペック”投入を
今季は取り止める方向にあるらしい。
“Aスペック”での快進撃が続けば、あえて“Bスペック”へスイッチする必要性もないが
オーストラリア、マレーシア、バーレーン、開幕3戦でおよその力量関係が判ってくるはず
実際のところはそれからだろう。
新型車発表(12日)以来沈黙を続けてきたが、いよいよヴァレンシア(30日)で破られる。

http://f1.panasonic.com/race_reports/2007/pre-season/diary/#article_856
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-01-27 01:04
『星野JAPAN』 誕生
SD職も継続するらしいが、今や押しも押されもせぬ星野仙一氏を一球団の職に
束縛するのは如何なものか?
そろそろ自由の身となり「公人」として日本野球界に貢献して頂きたいと思っていただけに
日本代表監督就任は大いに歓迎したい。
サッカーと違い日本代表を応援する習慣がないプロ野球ファンの私には『長嶋JAPAN』
『王JAPAN』」にはピン!と来なかったが、今度は感じさせてくれる「闘将」だ。

http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200701/bt2007012601.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-01-26 07:20
見解 「12.31」 ― 前田日明(HERO'Sスーパーバイザー) ―
それにしてもスーパーバイザーでありながら「一度も呼ばれていませんので」とは意外!。
あえて活字に起こすあたり谷川プロデューサーに対し不快感を抱いているように感じ取れる。
blogは田村潔司のように更新度が高くても内容がアレでは意味が無い。
「量」より「質」に重点に置いた、前田らしい“シュート”なblogになるよう期待する。

http://rings.co.jp/
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-01-25 01:03
沈黙を破って
動きがあるなら24日(前田日明48回目誕生日)と思っていたが、その通りになりそうな気配。
ファーストログは「第2次RINGS始動に向けて」であってほしいが、未だコメントを出してない
大晦日の一件についても聞きたい。
沈黙といえば、弟子の成瀬昌由も24日とリンクしてくれれば良いが。
それにしても24日、25日(星野仙一)と大物が動き、再び忙しくなる。

http://www.rings.co.jp/
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-01-23 00:08
逆襲や!虎・今岡、首位打者獲り返す!
昨年、リーグ連覇を逃した要因の一つに今岡の不振があった。
一昨年リーグ優勝に貢献した147打点(総得点731)が昨年は29打点(総得点597)に
終わってしまった。
一昨年に近い打点を稼いでいたらデータ上だが優勝は出来たはず。
今岡がサードを守ることが攻撃的打線となり、ペナント奪回の必須条件ともなる。
関本がセカンドでなくサードを守るようでは昨年同様に得点力不足に陥り、それも危なくなる。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200701/tig2007011202.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-01-14 11:28
J.ハウエット 「我々は勝たなくてはならない」
F1参戦5年目といえども巨額の資金を投資しながら未だ未勝利のTOYOTAに
厳しい声があるのは事実、だからこそ「今年は勝たなければならない」そういう意味合いだ。
依然Renault、Ferrari、McLarenの優位は変わらないが、MICHELINの撤退により
BRIDGESTONEのワンメイク化で、MICHELINからBRIDGESTONEへスイッチする
Renault、McLarenの不確定的要素も有り混迷も予想される。
『TF107』がその隙に付入るだけのポテンシャル、パフォーマンスが秘めていることを
期待したいが、1年早めてBRIDGESTONEへスイッチしアドバンテージが有ると思われた
タイヤがウインターテストで異なるスペックと判明した「誤算」が影響しなければいいが。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/newslist/20070112.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-01-14 11:18
船木誠勝“MADNESS”、炎上
コメント数が少ない穏やかなblogも、新年の挨拶にちょっとした騒ぎになっている。
この世界に身を置く人間とは思えない他人行儀なコメントにガッカリもしたが
立場上(HERO'S解説者)FEGからの公式見解が出るまでは勝手な憶測で語れないと
船木の気持ちを酌むしかない。
真実は別にして普通に考えれば、桜庭と秋山の力は歴然の差だからヤル必要は
なかったと思うが。
それにしても、成瀬昌由のblogは年が明けない。

http://blog.livedoor.jp/masakatsu_funaki/
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-01-11 01:09
TOYOTA、ライブストリーミングで新型車発表
11チームのトップを切ってTOYOTAが新型車『TF107』を発表する。
TOYOTAのトップ発表は近年恒例となってるが、コレは必然的にしているように思える。
やはり1番目で気分好くスタートさせたい、という拘りが在るのではないか。
昨年より現地時間1時間早めて生中継、今年はホーム(日本)を意識しているようだ。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/index.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-01-09 00:44
久保田が守護神復活へ
再度、ストッパーで「再生」を図るらしい。
ストッパーには三振が獲れる球威、球速の藤川が一番妥当と思えるが、岡田監督の
強心臓を買った久保田にも一理ある。
ただ昨シーズンの“グダグダ”の抑え方では今シーズンも最後の最後までハラハラ
させられることは間違いない。
スロースターターの久保田だが、キャンプ初日からブルペンで本格投球することよりも
ウェイトを落とすことを優先した方が良いと思うが、腕の振りも良くなり球威、球速、キレも
違ってくるだろうし。
(書いてるうちに)中込伸を思い出した、中込もウェイトを落とせず力を発揮することが
出来なかった、久保田にはそうなってほしくない。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200701/tig2007010603.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-01-07 00:17