星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
バービックが遺体で発見 元WBCヘビー級王者
c0039708_23154862.jpg


肩書き(元WBCヘビー級王者)を出すまでもなく、UWFインターナショナル時代に
格闘技世界一決定戦(91.12.22 両国)での高田延彦の対戦相手として承知済み。
高田のローキックに嫌気をさして試合放棄してしまった(とんでもない)奴だが
引退後は不運な人生を送っていたようで、マイク・タイソン同様元世界王者といえども
必ずしも、ではない。
そういえばこの日は金原弘光のデビュー戦でもあった。
「15年前にデビューした両国の試合、またがんばりますんでよろしくお願いします。」と
意気込んでいたが.....ツイてない(10.28 MARS)

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20061029-00000002-kyodo_sp-spo.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-10-29 23:17
フラッシュバック / 2006 パナソニック・トヨタ・レーシング
例年他のチームに先駆け新型車を発表するTOYOTAらしく今季は『TF105B』の改良型を
新型車『TF106』としてシーズン終了後のバルセロナでシェイクダウンし驚かせたが
結果的にはコレが今シーズンの「不振」のキッカケとなるものになった。
元を正せば『TF106』は前タイヤメーカー、MICHELINにマッチさせたマシンである為
BRIDGESTONEにマッチしずらいことは当然である。
シーズン途中でのテクニカルディレクター・M.ガスコインの更迭も、不振の象徴のひとつ。
モナコでシェイクダウンした"Bスペック"『TF106B』は徐々に戦闘力を増す一方で昨年
見受けられなかったメカニカルトラブルでリタイアするシーンが見られるようになった。
「速さ」と「信頼性」が一体化しないマシンを操ったR.シューマッハ、J.トゥルーリを筆頭に
チームスタッフにフラストレーションが溜まったシーズンだったはず。
雪辱を晴らすには1年間GPで得たデータを新型車『TF107』へフィードバック
出来るかどうか、"苦悩"も活かしてほしい。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/index.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-10-26 07:22
パナソニック・トヨタ・レーシング イン インテルラゴス
インテルラゴスのテーマはBMWとのコンストラクターズ争いのみ。
予選グリッドからすれば無理にプッシュする必要も無く、BMW2台の
ポジションだけを考えて戦略を進めれば良かったはず。
それが表彰台も狙って攻めた為か、ほぼ同一周回でリアサスペンション
トラブル、という出来過ぎたダブルリタイアに終わってしまった。
まだ2戦、3戦有るならまだしも、この1戦で決まるとなれば予選結果を
大事にして欲しかったという気がしてはならない。
苦悩の一年に相応しく、余りにも呆気ない終わ方だった。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/gp/18_brazil/race_press.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-10-24 01:02
F.モンタニー、TOYOTA加入
昨シーズン、コンストラクターズ4位を獲得した代わりに今シーズンは
サードドライバー(R.ゾンタ)を金曜日に走らせる機会を失った。
この為にレギュラードライバーだけによる僅かな周回数に止まり
セットアップに必要なデータ収集不足に陥った。
しかし、この程来シーズンから金曜日のサードドライバーの走行も認められ
エンジントラブルが起きても10グリッド降格のペナルティーも免除される
ことが決定した。
このレギュレーション変更でレギュラードライバーの走行の割合が多くなれば
F.モンタニーの活躍の場はヘレスが中心になるかもしれない。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/newslist/20061018.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-10-20 07:22
フラッシュバック / 2006 阪神タイガース
投手陣はウィリアムスの出遅れ、久保田の骨折、藤川に肩の疲労が出て
シーズン通して3人揃って万全の状態での登板機会が無かった。
中でも久保田は復帰後も精彩を欠いて不安を残したままシーズンを終え
来季での「再生」が待たれる。
野手陣では足の怪我もあって6年連続盗塁王を逃した赤星の不振に加え
その赤星を筆頭に走者を還す5番・今岡の戦線離脱で得点能力が低下した。
その反面、鳥谷、関本の成長があり、特に関本は今岡が抜けた三塁をカバー
打順では2番に定着し走れない赤星に替わり犠打を量産した。
来季今岡が完全復活を遂げたら再び藤本との併用策を採るのか、岡田監督の
決断が迫られる。
1軍メンバーは昨シーズン同様の選手だったこともあり、若手の伸び悩み
野手陣の高年齢化の問題を残した。
そんな最中の林の台頭は明るい材料だ。
戦力以外ではドラゴンズとのナゴヤドームでの対戦成績の酷さが最後まで尾を引いた。
コレが解消しない限り、チャンピオンフラッグの奪回は有り得ない!

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200610/tig2006101900.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-10-18 23:29
グッバイ! ゾンタ
R.ゾンタがヘレステストを最後に4年間在籍したTOYOTAを去る(RENAULTへ移籍)。
来季MICHELINからBRIDGESTONへスイッチする(さぜるを得ない)RENAULTには
相応しいドライバーだ。
2007年からのBRIDGESTONワンメイク化を見据え1年早めてMICHELINから
スイッチした"苦悩"をマシン開発にフィードバックを期待してのことだろう。
この"苦悩"がコンストラクターズ6位転落の危機となる要因といえるが、コレも今週末の
インテルラゴスで決着する、なんとか振り切ってほしい。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/tests/20061012.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-10-16 00:29
阪神 vs 中日 【 10月12日 甲子園 】
先週のスワローズ戦は地上波放送が無く、ジャイアンツ戦は鈴鹿滞在(F1観戦)の為
見れず5試合ぶりのタイガース戦だったが、この間に状況が一変してしまった。
もう試合結果はどうでもいい(!?)が、この試合を最後に引退する片岡の引退セレモニーで
PL学園時代からの大親友・立浪との抱擁には目頭を熱くさせられた。
そういえば、2年前(八木)の時もそうだった。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200610/tig2006101300.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-10-13 23:40
フラッシュバック / 10.9 『HERO'S』
トーナメントの内容は悪くなかった、視聴率は二桁をクリアー、前回問題になった
レフェリングの遅さも解消され前回のような不信感を抱くようなことも無く観れ
大会自体は成功した、はず。
所英男は"勝って当然"の雰囲気の中、"スパーリング"をやって見せた。
宇野薫の試合は(我がジャッチでは)ドロー、だったが判定負け。
J.Z.カルバンの降り落としてくるパウンドを体で巧くかわしていたので、もう少し(延長戦)
見てみたかった。
最後は秋山成勲がキッチリと極め、締めた。
現在(いま)の充実度からすれば、"あの"桜庭では勝てやしないだろう。
「HERO'S、そして柔道最高!」とお約束もキレイで決まったことだし。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200610/09/index_c.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-10-12 01:02
パナソニック・トヨタ・レーシング イン 鈴鹿
c0039708_19411618.jpg


17戦目にしてのチーム待望のダブル入賞。
上海に比べれば上々の結果を残したが、鈴鹿だけを見れば予選好グリッドを活かせず
"定位置"に収まってしまった。
タイムが伸び悩むJ.トゥルーリに付き合ってしまったR.シューマッハ。
"チームオーダー"は出せない以上はドライバー同士が動いてもらうしかないのだが
F.マッサがM.シューマッハを早々にオーバーテイクさせたようなチームワーク
意思の疎通が欠けていた。
その結果、5ポイント加算でBMWに1ポンイト差に詰め寄ること出来たが.....。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/gp/17_japan/race_press.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-10-09 19:45
FUJI TELEVISION JAPANESE GRAND PRIX SUZUKA
(1年間)待ちに待った3連休、ここ4、5年は鈴鹿で過ごしている、今年もそう。
来年以降も.....としたいが開催地が富士スピードウェイへ移ることが決まり
単独開催が続けば当分の間はテレビ観戦となるだけに今年はジックリと体感を
しようと思っている。
天候は予報に反し予選、決勝共に"ドライ"で行われそうな気配、"ウエット"を
苦手としているTOYOTAにとって良い方向へ向かいつつある。
なんと言っても今年のテーマはマイケルの日本ラストラン、53LAP目に焼きつけるつもりだ。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/gp/17_japan/free_press.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-10-07 00:08