星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2006年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
阪神 vs 中日 【 9月29日 甲子園 】
8連勝の要因は間違いなく先発投手陣の踏ん張り、それをアシストしているのがバック。
昨日は関本、赤星、そして金本が"魅せ"、先発・下柳をアシスト。
一方、野手陣は全く予想外!?の今岡が走者一掃タイムリーツーベース。
林でなく今岡を起用した岡田監督の采配がズバリ!的中した。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200609/tig2006093002.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-09-30 07:47
阪神 vs 広島 【 9月28日 甲子園 】
出来は完投した前回の登板の方が良かった、タイガース先発・杉山。
中盤ランナーを背負う場面が続き7回二死二塁で降板、とりあえず先発の役目は出来た。
スイッチしたのが一時期の不安定感(四球)が消えたウィリアムス、東出を三振に打ち取り
今日からの福留斬りにも期待出来る。
カープを3タテしドラゴンズ戦、この流れ2週間前と全く同じだが今度は聖地・甲子園。
前回の不様なことはない!と思う。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200609/tig2006092900.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-09-29 07:18
阪神 vs 広島 【 9月27日 甲子園 】
3回まで完璧に抑えられてたカープ先発・ロマノを4回(2巡目)に捕らえ
6連続安打で4得点、結果的には昨日の井川のピッチングならこれで十分だった。
そのロマノに遜色ないピッチングのタイガース先発・井川にも"落し穴"がないかと
恐々と見ていたが、そんな心配を他所に完投。
エース・井川の力投、杉山(今日先発予定)見たか!

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200609/tig2006092800.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-09-28 07:19
阪神 vs 広島 【 9月26日 甲子園 】
7回二死満塁のピンチに久保田を登板させた、岡田監督。
怪我から復帰後のピッチングを考えれば、投げてみなければ判らない不安定要素の強い
久保田を逆転も有り得る局面で登板せることは采配を問われる賭けに出たスイッチ。
岡田監督にしてみれば、残り試合乗り切り為には自身が築き上げた「JFK」が
絶対不可欠という強い拘りであり、なによりも選手を信頼しきってのことだろう。
その久保田もショートゴロに打ち取り期待に応えた、あの2球で変わってくれればいいが。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200609/tig2006092703.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-09-27 07:04
巻き返しを図る、アジアラウンド
上海、鈴鹿での"ダブルヘッダー"となるアジアラウンド。
北米ラウンドの勢いをヨーロッパラウンドに持ち込むことが出来なかっただけに
再度海を渡り気分も新たに、更に母国GPも控え巻き返しに一層力も入る。
当初の目標(GP優勝)に大きくかけ離れてしまったが、残り3戦でBMWとの
コンストラクターズ争いがある。
3ポイント差の現状では3戦W入賞が必須だが、終盤大事な戦いを前にして
J.トゥルーリのエンジニアが離脱、マシンの仕上りが心配だ。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/gp/16_china/preview.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-09-26 07:06
読売 vs 阪神 【 9月24日 東京ドーム 】
先発・福原は8安打されながらも要所を抑え1失点、再三の藤本の好守にも助けられた。
ジャイアンツに連勝出来たのは、これまでヤラれてきた李承燁に一発を許さなかった
バッテリーの勝利に尽きる。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200609/tig2006092501.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-09-25 07:19
読売 vs 阪神 【 9月23日 東京ドーム 】
岡田監督も"スペシャルプラン"を考えてらしいが結局、1番は赤星で変らず。
その赤星だが休日を返上しての特打も実らず、掛布氏(地上波解説)にもフォームの悪さを
指摘されていた。
最終打席でタイムリーツーベースも打った感触が悪かったのか、偶然としか思えなかったのか
赤星本人の表情も冴えず、笑顔はなかった。
スワローズ戦で再度上昇ムードになりかけたところの3日間の休日が嫌な感じもあったが
打線は体調を崩したシーツを除いては好調、(狭い)神宮、広島でしか見れない藤本の
ソロ(3号)も見れたことだし。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200609/tig2006092403.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-09-24 09:10
O.パニス、F1キャリアに終止符
去就について「引退」を匂わせる冨田氏(TMG会長兼チーム代表)のコメントで
モータースポーツの世界から身を引くと思っていたが、そうではないようで
別のカテゴリーにチャレンジするらしい。
体力の衰えはあってもステアリングを握るモチベーションは衰えず、40歳O.パニス。
グランプリマスターズは年齢制限に引っ掛かる、フォーミュラーがないとなれば
「ル・マン」シリーズが妥当か。
来年はプロトタイプカーをドライブするO.パニスの姿を見れそうだ。
後任は若き3人の中の1人になるらしく、世代交代はココにもある。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/newslist/20060918.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-09-21 07:17
阪神 vs 東京ヤクルト 【 9月19日 甲子園 】
初回、先頭打者・青木のセンターに抜けそうな打球を藤本のファインプレーで
スタートを切れたのは大きい。
あれが抜けて(盗塁でもされて)いたなら、矢野曰く「最高に近い」ピッチングは
なかったと思うが、それを抜きにして先発・杉山は制球も良く両サイドに
低いボールを投げ分けれたことが完投に繋がった。
杉山を助け気分を良くした(はずの)藤本が第一打席でタイムリーツーベース
杉山も続き2点先制、矢野の4打点の活躍もあって計9得点を挙げたが
打線で大ブレーキだったのが1番・赤星。
前日(18日)も代打・片岡を敬遠、赤星勝負という場面があったぐらい、ここ数試合
全くバットが振れてない。
絶好調の2番・関本を1番、赤星を2番へ打順変更をするか、赤星をスタメンから外し
林(りん)を起用し攻撃的な打順を組むのも面白いが、盗塁王争いがネックとなり
不調・赤星を使わざるを得ないのがツライ。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200609/tig2006092002.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-09-20 07:20
阪神 vs 東京ヤクルト 【 9月18日 甲子園 】
お立ち台に上がった関本が「勝つ事に意義がある」と、全くその通り。
負けられない(と言いながら負けているが...)状況では試合内容はともかく
結果(勝利)が大事、勝たないことには奇跡も起こらない。
スワローズ・青木の落球は赤星の前で2盗塁、バットを矢野に当ててしまった罰か?

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200609/tig2006091903.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-09-19 07:15