星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2006年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
『日本には野球がある。』
c0039708_23351186.jpg


「日本には藤川球児がいる(だから大丈夫)」と言っているような、このカヴァー。
オールスターでの投球は圧巻!と言うしかない。
神宮でのパ・リーグ主砲・カブレラ、小笠原からの2者連続三振、宮崎での清原との対戦も
三振で一応の完全決着。
見る者に「感動」を与え大喝采を浴び続けてきたが、ついにその代償(1軍登録抹消)を
負ってしまった。
金本、下柳から影響を受けている藤川ならすぐに戻ってくるはず、そう期待したい。
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-12 23:58
振り返れば、そこにRINGS
ニュースソースを使わせて頂くことがある「GBR」、最新ニュースページだけ
リンクしてた為全く気づかなかった、情報提供してくれたカクトウログさんには感謝。
読みどころは田村潔司が『UWFインターナショナル』から移籍してきたRINGS中期。
人気、実力共に上の田村といえどもRINGS生え抜きの山本宜久にしてみれば
"よそ者"田村がいきなりメインイベンターとなれば面白くない。
RINGS時代の遺恨という"ストーリー"が出来上がっているからこそ桜庭でなく
田村に来て欲しかった、『HERO'S』に。
山本を輝かせるのはキム・ムンスでもドン・フライでもない、田村潔司だけ。

http://gbring.com/index.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-12 18:16
横浜 vs 阪神 【 8月9日 横浜 】
誰もが"ない"と思っていただけに、「藤川」コールで横浜スタジアムが沸いた。
藤川らしからぬ奪三振も、150kmオーバーも見ることが出来なかったが
肩に張りが出た後の試運転としては上々。
藤川のセーブ登板でウィリアムスの登板機会が増え疲れが気になるが
今月末には久保田が戻ってくることだし、それまでダーウィンを含めた3人で
踏ん張るしかない。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200608/tig2006081001.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-10 23:28
横浜 vs 阪神 【 8月8日 横浜 】
松山(広島戦)辺りから得点能力が上がり一時期のどん底状態から脱したように見える。
先発・福原が縦に大きく割れるカーブを有効に使い7回無失点、13日ドラゴンズ戦に
弾みが付いた。
打線に活気が戻り4連勝、再びドラゴンズ追撃という時、9回一打同点のピンチに
藤川をマウンドへ送り出すことが出来ず、一難去ってまた一難、タイガース。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200608/tig2006080902.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-09 22:48
「これは殺し合いではない」(前田日明)
「死角でよく見えなかった」と不可解な発言をしていた谷川プロデューサーだったが
スーパーバイザー・前田日明が"ブチ切れ"コレはマズイと思ったのかようやく非を認めた。
前田が声を荒上げてなければ不透明まま流されたかもしれない。
スーパーバイザーの権限が無視されたと愚痴を漏らしたが『FEG』『TBS』との間に
"グレイな関係"に生じないよう存在意義を今回ばかりは大いに示した。
桜庭になんの想いれもない私にしてみれば心配なのは桜庭の容体より山本宜久。
試合後、引退を示唆する発言があったがRINGSの同期・成瀬昌由のblogを見たら
どうやら回避した模様。
サラリーマン社会ではこれからの年齢も、総合の世界では引退が囁かれてしまう年齢。
山本と同世代の私も昨今考えてしまう事が多いが、もう一度奮い立たせるモノを
見せてくれれば、と願う。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20060806-00000036-spnavi-spo.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-09 00:31
パナソニック・トヨタ・レーシング イン ハンガロリンク
ウェットタイヤの選択ミスが足を引っ張る形となってしまった。
結果論になってしまうがスタンダード(通常の雨)でなくエクストリーム(強い雨)を
選ぶべきだった、変わりやすい天候では仕方がないか。
グリップ不足とスタートはレコードラインでないイン側とあってシックスポジション
落としての序盤の走行。
効果が発揮し始めたのが雨が上がりコースが乾き始めた中盤。
ラップタイムが上がりポイント圏内へ、ドライへスイッチしてもペースを
落とさずR.シューマッハがBSユーザー最先着の6位でフィニッシュ。
J.トゥルーリはラスト5周でリタイア、またもW入賞を逃す。
コンストラクターズ争いはもっかのところ昨年同様4位が目標だが
HONDA優勝で22ポイント離されたところかBMWに同ポイントで並ばれた。
引き離すには残り5戦堅実にW入賞したいところだが、今シーズンは中々出来ない。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/gp/13_hungary/race_press.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-08 00:08
阪神 vs 広島 【 8月6日 松山 】
今季初先発となった能見、4失点中の3失点は防げた。
ツーアウトからの連続四球後にタイムリー(3回)、ワイルドピッチ(5回)と無駄な失点。
あの失点がなければ登板イニングを延ばし、桟原でヒヤヒヤすることも無かった。
帰るべき場所に帰ってマウンド裁きもシックリきていたように見えた。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200608/tig2006080704.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-07 07:14
フラッシュバック / 8.5 『HERO'S』
レフェリーストップの早さに定評にあった『HERO'S』だったが、あそこまで延ばすと
桜庭を勝たせようという意図が映ってしまう。
秋山戦の不可解なジャッチもしかり、判っているが視聴者の怒りの矛先は放送局へ。
「8.2」に続きご難が続く『TBS』。

所英男は判定で敗れたが、あの試合はどちらに採られてもおかしくない互角の内容。
ジャッチは2R前半を採ったんだろうが、所贔屓で見ている者としては1R、2R終盤を
採って欲しかった。

険しい形相で睨み合うシーンは前田日明vsドン・中矢・ニールセン戦(86.10.9 両国)
をフラッシュバックした。
今回は"世界のTK"高阪剛もセコンドに付いてくれたが.....残念、山本宜久。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200608/05/index.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-06 10:46
読売 vs 阪神 【 8月3日 東京ドーム 】
首位・ドラゴンズを追いかける最右翼・タイガースが5位・ジャイアンツと
連日互角の勝負をしているようでは連覇は程遠い。
昨夜は久々の大量得点!?にウィリアムス(江草)藤川の必勝リレーで快勝。
後半戦この形に持ち込めない為にズルズルと...この要因は得点能力の低さ。
後半戦8試合の平均得点が1.625では先発投手に「完封しろ!」と言っているようなもの。
今岡の不在も痛いが、なにより赤星が出塁し盗塁を決め、クリーンアップが還す
というタイガースの得点パターンで出来ないこと。
赤星のコンディションが良くならないと、という気がする。

後半戦(9試合目にして)最初のタイガースコラム、決してサボっていた訳ではない。
試合は全て見ているが「勝てば書く、負ければ"現実逃避"で休み」という姿勢を
採っている以上、書く機会がなかった。
明日5日(広島戦)は(仕事で)ビデオ録画するが、『HERO'S』の放送時間が
バッティング。
今度こそ!山本戦が放送されることを期待し予約は『HERO'S』。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200608/tig2006080403.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-04 07:20
山本宜久がドン・フライと激突、「8.5」HERO'S
トーナメント中心の大会であり、HERO'S移籍後おもわしくない成績では
マッチメイクされないのも当然.....が山本、須藤の欠場をスーパーファイトで
カヴァーをしようとしたのだろう、スーパーバイザー前田日明。
師・前田日明から最大のチャンスを与えられた格好となった、山本宜久。
どことなくRINGS時代のクリス・ドールマン戦(94.11.19 有明)をオーバーラップする。
ヒールホールドでオランダ軍団の総帥を破ってメインイベンターへ駆け昇ったように
これを機にていってほしいものだ。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20060801-00000031-spnavi-spo.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-02 07:18