星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
阪神 vs 広島 【 7月11日 甲子園 】
首位・ドラゴンズ戦を含むオールスターまでの大事な9連戦がスタート。
低迷するジャイアンツとはいえ3タテ4連勝中勢いがある広島、先発は谷間の広池だけに
取りこぼしだけはしたくないところにカープの小刻みな継投策に僅差の投手戦となる。
低調なタイガース打線も手伝って5連勝中の福原、ウィリアムス、藤川の継投が際立って
見えた。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200607/tig2006071201.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-07-12 07:18
モントーヤ 今季限りでのF1離脱
(F.アロンソ移籍で)放出となったとしてもライバルチームが見逃すドライバーでないだけに
F1残留は十分可能だったはず。
高額移籍金を蹴ってまでアメリカンモータースポーツ復帰となると、チーム体制だけでなく
F1特有の政治的体質に合わなかったと思えて仕方がない。
モントーヤと同じくCARTチャンピオンを引っさげてF1へ移籍したC.ダ.マッタ
(03~04 TOYOTA)はマシンの戦闘力不足に泣かされ成績不振で04年シーズン途中で
サードドライバー・R.ゾンタへスイッチされた。
後にF1から去った要因に政治的要素があったと述べている。
アメリカにはインディ、NASCARといった確固たるアメリカンモータースポーツがあり
MBL、NFL、NBA、NHLの4大スポーツも存在する。
ヨーロッパのF1、サッカー(W杯)に熱狂しない理由も解る。

http://www.f1racing.nl/ja/news.php?newsID=123692
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-07-10 23:47
東京ヤクルト vs 阪神 【 7月8日 秋田 】
クローザーへ昇格して初めての厳しい局面をよく凌いだ。
肩の準備はしていても井川でスンナリ行けると思って心の準備が出来ていなかったのか
力んでしまって制球が悪い。
しかしラミレス、ラロッカを外角のストレートで連続三振に斬って取る。
同じ速球派ながら打たせて取る久保田と違い、三振が欲しい局面で三振が取れる
藤川の方がクローザー向きにも思える。
昨夜は久保田の気持ち、クローザーの辛さが判ったはず。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200607/tig2006070901.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-07-09 10:22
シングルタイヤサプライヤーはブリヂストンに
TOYOTAが2005年コンストラクターズ4位を獲得したパッケージ(ミシュラン)を
1年早めてまで解消した理由はココにある。
本来ならアドヴァンテージを稼ぐつもりが、マッチングに悩まされ不振に陥っている。
一方で同じくBSへスイッチしたWilliamsは巧く使いこなせている、という印象がある。
同じBSユーザーながら明暗が分かれたのは、シャーシ開発の差。
正式発表はされていないが、TOYOTAが来季Williamsへエンジン供給するらしく
契約には技術供与が含まれているらしい。
TOYOTAはシャーシ開発のノーハウを、Williamsは信頼性の高いエンジンを獲得。
双方メリットのあるパートナーシップ となる。
ワンメイク化となれば、よりシャーシ開発が重要となってくる。
来季は"天才"エイドリアン・ニューエイを獲得したRedbullが怖い。

http://www.f1racing.nl/ja/news.php?newsID=123395
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-07-08 00:11
阪神 vs 横浜 【 7月6日 甲子園 】
日替わりオーダーで臨む「迷走」しつつある岡田タイガース。
昨夜も先制点を許した相手が"天敵"三浦となれば敗戦(負け越し)も仕方がないところに
横浜のディフェンスに救われた。
藤本のライナー性ヒットのレフト・吉村の処理(4回)、二死一塁ネクストバッター・下柳を
頭に入っていればダイレクトキャッチしに行く必要はなかった。
貧打に喘ぎながらも2位をキープ出来るのも投手陣の踏ん張り、MAX154kmで
バッタ、バッタと三振を奪っていく藤川の勇姿は、梅雨でジメジメとした気分を
スカッ!とさせてくれる。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200607/tig2006070702.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-07-07 07:16
阪神 vs 横浜 【 7月4日 京セラドーム 】
勝って結果オーライだが、4得点中2得点は押出しで得たもので相変わらず打線は低調。
さらに続く一死満塁のチャンスに金本が併殺打となり逆転するも後味が悪い終わり方。
横浜に試合の流れを渡してもおかしくないが、"投高"のウィリアムス、藤川で逃げ切った。
オーダーの入れ替え、マウンドで檄を飛ばしたり、と今季の岡田監督は静から動への
印象が強い。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200607/tig2006070501.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-07-05 07:18
パナソニック・トヨタ・レーシング イン インディアナポリス
金曜(フリー)、土曜(予選)の状況から日曜(決勝)に多くの期待を求めるのは酷と思われたが
TOYOTAの得意!?とするサバイバルレースとなる"追い風"が吹き、J.トゥルーリが
前戦カナダGPに続く連続入賞。
好走の要因となったのはアメリカGP用に持ち込んだBSタイヤとインディアナポリスとの
マッチング(適性)。
コレはFERRARIの圧勝、RENAULTの苦戦が証明している。
昨年も前半戦(J.トゥルーリ)から後半戦(R.シューマッハ)に形勢が逆転したように
今季もシーズン折り返し北米ラウンドで形勢がJ.トゥルーリへ逆転しつつある。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/gp/10_usa/race_press.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-07-04 07:21
読売 vs 阪神 【 6月30日 東京ドーム 】
9連敗でソロソロ勝ってもおかしくないジャイアンツ。
タイガースが連敗ストッパーになるのを覚悟していたが、それは余計な心配に過ぎなかった。
それにしても、ディロン!
ホームへの悪送球(1回)、阿部が放ったロングヒット性の走塁判断(5回)、赤星の併殺打性の
打球のセカンドへの送球(6回)、これだけミスが立て続けに続けば勝てるはずもない。
ここは無難に3タテしたいどころだが、タイガースにも変なプレッシャーも出てくる。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200607/tig2006070101.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-07-01 07:46