星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2006年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
「モナコまでは現行の『TF106』で戦う」(ジョン・ハウエットTMG社長)
第7戦モナコGPから"Bスペック"『TF106B』を投入ということになる。
6戦だけの短命"Aスペック"『TF106』だがここへきてパフォーマンスの向上が見られる。
先週のポールリカール合同テスト最終日にR.ゾンタがルノー、マクラーレンを抑え
3日通じてのトップタイムをマーク。
続いて今週のバルセロナでは次戦サンマリノGPに使用するタイヤ選択のテストとなる。
成果が上がれば、僅かながら期待もしていい。
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-11 07:18
阪神 vs 横浜 【 4月9日 大阪ドーム 】
ヒーローは世界記録達成の金本への祝砲2ホーマーを放った濱中。
だが、同点に追いつかれ横浜へ試合の流れを渡さなかった中継ぎ・金澤の好投が光った。
昨シーズンは怪我でルーキー・橋本にその座を空け渡していたが、その橋本がファーム
スタートで「NFK」への繋ぎ役としてその座へ戻ってきた。
その「NFK」だが、藤川の球威が戻りつつあり徐々に上向きつつある。
信頼感がまだ得られてないだけに1点リードした「NF」には「シビれた」。

http://www.daily.co.jp/newsflash/2006/04/09/211249.shtml
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-09 23:51
阪神 vs 横浜 【 4月8日 大阪ドーム 】
(お立ち台に上がった)今岡の険しい表情を見たのは昨年6月3日(対千葉ロッテ戦)以来の2度目。
あの時は金本への敬遠に対しての終始強張った表情でのヒーロインタビューだった。
今回は自身の不振に対するもの。
笑顔を見せていいものだが、これに気を緩めず一層引き締めていくと感じた。
明日はなにがなんでも勝って、選手、ファンが笑顔で祝福したい。

http://www.daily.co.jp/newsflash/2006/04/08/211149.shtml
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-08 23:28
阪神 vs 横浜 【 4月7日 大阪ドーム 】
"タイガース・キラー"三浦から川村へのスイッチに助けられた。
決定打となる追加点がなかなか取れず、昨夜(広島戦)同様の流れになるところだったが
昨夜踏ん張った地力が林、赤星、藤本、シーツ、そして金本の5連打を生んだ。
エース・井川に初勝利、クローザー・久保田に初セープと(ほぼ)理想の形で勝てたことが
チームにとって大きい。

http://www.daily.co.jp/newsflash/2006/04/07/211063.shtml
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-08 01:33
「旧パンクラス、旧リングス他、二十何人を揃えた」(前田日明)
c0039708_0192339.jpg


いつも事だがこの為(インタビュー:前田日明の本気)だけに週刊ゴングを購入。
無修正、無削除が条件に相応しく「シュート」な発言に読み応えは十分。
前田と組むにはそれ相当の覚悟がいるということ、生半可の気持ちはダメ。
それを痛感しているのが、上井氏(BML)だろう。
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-07 00:23
トヨタに衝撃、ガスコインが離脱!
「Bスペック」(ヨーロッパラウンド投入予定)の結果次第でも遅くはなかったと思うが。
今季の目標である「優勝」を狙えるに程遠い『TF106』のパフォーマンスの不振の責任を執る
形になるんだろうが、コレで変わるとは思えない。
むしろシーズン途中の交代劇はチームの士気、一体感を失ってしまうのではないか。

http://f1.racing-live.com/f1/jp/headlines/news/detail/060405132341.shtml
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-06 07:17
『馬を走らせる』
c0039708_23441746.jpg


引退して9年になるが、まだまだ「騎手」のイメージが強い小島太(フトシ)。
古くは「ショウリ」「ユタカオー」「チヨノオー」晩成期は「チトセオー」「バクシンオー」と
冠名「サクラ」で活躍した(本人は否定しているが)名ジョッキーの一人。

調教師へ転身してからは24時間365日公私共に「馬優先主義」。
師走になるとリーディング争いをしている厩舎が3場(中山・阪神・中京)に攻勢を賭けてくるが
これは人間の勝手な都合。
「すべては馬のため」と負担をかけないローテーションを優先。
欲を言えば、義父であり「サクラ」管理調教師だったジイさん(境勝太郎)のエピソードを
聞きたかったが。

今週末(9日・桜花賞)からクラシックがスタートする!
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-04 23:46
パナソニック・トヨタ・レーシング イン オーストラリア
4度のセーフティーカーがR.シューマッハを表彰台に導いてくれた。

気温が低く汚れたスリッピーなコースコンディションは、(グリップの悪い)トヨタの味方に
ならなかったはず。
だが、これがクラッシュに次ぐクラッシュを呼びポジションアップすることが出来ただけの事。
自力と他力の両要素が交じり合うのがレースだが、他力だけでの獲得した表彰台には喜べない。

開幕の悪夢を脱し入賞、表彰台とチームの士気が上がった状態でヨーロッパラウンドへ
向かうところだったが、嫌なニュースが入ってきた。
イエローフラッグ中にN.ハイドフェルド(BMW)をオーバーテイクした疑いあり
3位表彰台の剥奪される可能性が出てきた。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/gp/03_australia/race/press.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-03 00:02
東京ヤクルト vs 阪神 【 4月2日 神宮 】
長いシーズンを考えたら久保田は「絶対不可欠」な投手。
江草の初完封より久保田の心の「ケア」の方が大事。
期待に応えることは出来なかったが、当然!のスイッチで采配に間違いはなかった。
弁護するなら、昨年もそうだが暑くなって体のキレが出始めてからの「スロースターター」タイプ。
4月、5月はヒヤヒヤの連続になると覚悟はしている。
頑固な岡田監督だからファームで調整させることもなく、実戦で調子を上げていくしかない。
今季初勝利もどうも後味が悪い。
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-02 19:29
東京ヤクルト vs 阪神 【 3月31日 神宮 】
(極寒と)開幕戦の緊張からくる硬さを考慮すれば、上々のスタート。

石川に「あっさり」と思われたが、今岡のHRに金本のタイムリーで1点差まで迫り
「さすが!」と古田PMに印象を与えただけでも収穫。

開幕投手井川で負けた2003年、2005年と優勝しているデータがあるらしい。
暗黒時代だったら「今年もダメか...」と思ったが、今はその気持ちは全くない。
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-01 07:49