星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2006年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧
阪神 vs 東京ヤクルト 【 4月30日 甲子園 】
結果は16日(広島戦・甲子園)同様の「薄い」内容だが、開幕から不安定だった
藤川、久保田で逃げ切れたことが収穫。
一番キツく、シビれる終盤での1点を守り抜くことは中継ぎ、クローザーの「醍醐味」。
これで二人の「自信」にも繋がったはず。
球威も戻りつつあり手応えを感じてきたのか、開幕当初終始不安そうな久保田の表情が
厳しい締まった顔つきに変わり、藤川同様に5月戦線期待出来る。
今岡、鳥谷、赤星、見事なキャッチングのシーツ、と僅差の試合らしい守りで勝ち越した。

http://www.sanspo.com/sokuho/0430sokuho052.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-30 21:02
阪神 vs 東京ヤクルト 【 4月29日 甲子園 】
能見が万全なら終盤3イニングを「NFK」リレーで締めるが、横浜3連戦では
大差での登板とまだまだ首脳陣の信頼を得てない。
そこで廻ってきたのが好投が続いてた金澤、青木に同点3ランを打たれるが
今日の投球内容は決して悪くはない。
ただストレートが速いわけでもなくキレのある変化球があるわけでもなく
良く言えば纏まっている、悪く言えば特長がない、甘く入れば痛打されてしまう。
ウィリアムスが戻ってくるまでは先発がもう1イニング踏ん張ってもらうしかない。
横浜の3タテを有効にさせる為にも、明日(江草で)勝ち越しを決めて首位・読売を迎えたい。

http://www.sanspo.com/sokuho/0429sokuho077.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-29 22:50
「解任の理由はフィロソフィーの違い」(木下美明)
プライベーター、若しくは立上げ間もないチームなら、「キーパーソン」たる人物が必要となるが
参戦4年目に表彰台獲得、コンストラクターズ4位とノウハウを得たTOYOTAにしてみれば
方向性が違うM.ガスコインに必要がなくなった、と言うべきか。
益して組織志向のTOYOTAにとって個人志向は組織の秩序を乱し、開発の妨げにもなる。
これを期に外部から「大物」を招くことはないと思われ、TOYOTAの開発力が問われてくる。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=f1&a=20060424-00000008-rcg-spo
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-28 23:42
横浜 vs 阪神 【 4月25日 静岡 】
ここまでタイミング合わず見逃していたオクスプリング。
ストレートはそこそこも球速以上に球威がある。
最大の武器は昨夜地上波(テレビ大阪)解説、江夏豊氏も一級品と絶賛するカーブ。
大きく縦に割れカウントを取るだけでなく決め球にも使え、横浜打線も対応に戸惑っていた。

先週と一変しての余裕の試合運び。
横浜、広島で貯金、その貯金を読売、中日で吐き出し、これでは「連覇」は無理に思える。

http://www.daily.co.jp/newsflash/2006/04/25/212948.shtml
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-26 07:17
パナソニック・トヨタ・レーシング イン サンマリノ
セーフティーカーの導入、上位チームの前崩れ、と「他力」が作用しなければ表彰台おろか
入賞も厳しい、現状のTOYOTA。
前戦オーストラリアではセーフティーカーの恩恵を受けたが、サンマリノでは戦略(3ストップ)を
阻みレースのリズムを崩す要因になってしまった。
ホームGPをわずか5周で終えたJ.トゥルーリ、メカニカルトラブルといえどもそろそろ結果を
出さないと、C・ダ・マッタ(2004年)のようにR.ゾンタの昇格があってもおかしくはない。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/gp/04_sanmarino/race/press.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-25 00:57
「自分の役目は終わった」(新庄剛志)
新庄"らしい"進退表明だ。
夢が実現し公言通りに余力を残して引退、球界へ未練も後悔も全くないことだろう。

「スーパースター」を失う北海道日本ハムには大きなダメージ。
移転3年目ようやく地元球団として道民に親しまれるようになってきたのも「新庄」抜きには
考えられない。
小笠原、ダルビッシュでカヴァー出来るものではない、成績で札幌ドームに足を運んでもらえる
球団になってもらいたい。

http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200604/bt2006041901.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-20 07:07
「確信」を得てイモラへ
ポールリカールに続き、バルセロナも有意義なテストに終わった。
J.トゥルーリが2日目にトップタイム、最終日は3番手と好タイムをマーク。
ミシュラン推進派と云われていたM.ガスコインが去り、チームが上手く機能し始めたことも
考えられるが、BSタイヤのクオリティの向上に加えて、悩まされていたタイヤの温度問題を
解消出来るセットアップを見出せたことに尽きる。
不精彩続きのJ.トゥルーリだが、モチベーションを持続して起死回生の母国GPとしたいところだ。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/tests/20060414.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-18 00:26
阪神 vs 広島 【 4月16日 甲子園 】
c0039708_21313658.jpg


絶好のチャンスに絶不調の今岡、打順の巡り合わせ悪かった。
1回、6回いずれも一死満塁に併殺打、黒田を助けてしまった。。
不振なりにも打球を上げて欲しかったが、それも出来ないぐらい振れてない、重症だ。
犠牲フライ2つで決まり、内容が薄い今季初甲子園観戦だった。

http://www.sanspo.com/sokuho/0416sokuho052.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-16 21:34
阪神 vs 広島 【 4月14日 甲子園 】
連夜の逆転負けの後に広島戦とは対戦カードに恵まれた。
打線も好調、尾を引いている感じは見受けられず。

先発・井川が1000奪三振まであと「2」となり、7回以降三振が取れず不満顔が印象的。
最後の打者・梵のハーフスイングは?だが、井川の気迫と矢野の三振を求めるアクションに
1塁線審・佐々木も負けた。

http://www.sanspo.com/sokuho/0414sokuho062.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-15 00:57
阪神 vs 中日 【 4月12日 甲子園 】
c0039708_2361176.jpg


現状の敗戦要因となるのは不安定な「NFK」。
3敗中2敗、引き分けにしてしまった広島戦は「NFK」の失敗。
「J(ウィリアムス)」が戻ってくるまで、騙し騙しで乗り切るのか?それともテコ入れするのか?
テコ入れするなら「N(能見)」⇔「E(江草)」。
「JFK」のように緩急をつけさせるなら「Y(吉野)」なんだろうだが。

余談になるが、(甲子園に流れる)濱中のテーマソング(ヘブン・トゥナイト)がイイ!
イングヴェイ・マルムスティーンを選曲するとはHM/HRが好きなんだろうか?

http://www.daily.co.jp/baseball/2006/04/13/211617.shtml
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-04-13 23:09