星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2005年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧
バルセロナで新型車『TF106』シェイクダウン
トヨタの開発能力の早さにはただ驚かされるばかり。
『TF105B』+『BS』パッケージでのテストと思いきや.....いい意味で裏切られた。
シェイクダウンは通常1月か2月、他チームより1、2ヶ月分の大きなアドヴァンテージを
得たことになる。
必ずしも早ければ良いと言うわけではないが、その分テスト距離を延ばしデータを収集し
ウィークポイントをトヨタ流『カイゼン』する時間も得たことになる。

表舞台、裏舞台とトヨタ大躍進を支えたドライバー4人の継続は当然のこと、異議はない。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/news/20051128.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-11-30 00:31
藤川、7000万円を保留
今日(28日)だと判っていたので、8~9千万円の間の提示に「保留」と読んでいた。
それ以下では、"キレて"しまうのも当然、仕方がない。
肩の消耗を惜しまずシーズン最多登板し、リーグ優勝にも貢献した結果が"コレ"では
失望しまう。

この結果を聞いて、藤川同様に失望しているだろう、久保田も。

http://www.daily.co.jp/newsflash/2005/11/28/196138.shtml
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-11-29 00:19
田村日記(11月27日)届く
厳しい現実(3,962人)を叩きつけられた『11.23』の反省の弁。
最初にして最高のカードを出しながら"躓いた"ことはDSE絡みとはいえ、笑っていられない。

川田が参戦するぐらいだから、UWFスタイルを対応出来る選手は数少なく知名度も低く
大会場を埋めさすことは不可能。
従来通り、キャパシティーの小さい会場で地盤を固めていけばいい。
だがU-FILE勢だけでは『U復興』はありえない。
BML(前田日明、船木誠勝)との"連携プレー"が必要だ。

http://www.u-filecamp.com/
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-11-27 23:00
僕のホームリングはZSTです!
所、田村、そして川田も順当(?)に勝って、波乱もなく終わった『11.23』。

やはり"バッティング"の影響が出たか、田村vsバーネット戦を配しながら観客動員数3962人と
苦戦を強いられた『U-STYLE Axis』。
次戦は小規模会場を考えているらしいが、『Axis』=大会場という概念を出鼻で釘かれる
格好となってしまった。

一方、『ZST8』は追加販売されるほどの大人気で(キャパは違うが)完売状態。
問題は試合内容、どう魅せながら勝つか?
所、勝村のコメントを見る限りでは、それはクリアー出来たようだ。

環境が変わっても『原点』を見失っていない所、大晦日『Dynamite!!』に期待する!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200511/23/index.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-11-24 10:52
橋本健太郎、倍増(2400万円)でサイン
ルーキーながら"JFK"の繋ぎ役として51試合に登板。
一時は『勝っていても橋本、負けていても橋本』と重宝された。
プロ1年目の疲れが出たのだろうか、後半戦はパッとせず。
あとは、フォークと錯覚する独特のチェンジアップを打者に慣れられたというぐらい。
この辺りをどう改善するか、もう少しストレートに磨きをかけて欲しいが。

来季も今季同様の起用法と予想され、当然!のごとく戦力として計算に入れている。
もうひと回りふた回りの成長を期待している。

http://www.daily.co.jp/baseball/2005/11/23/195403.shtml
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-11-23 23:28
明日(23日)は...
Zepp、有明で『Z』と『U』の同日興行。
リングス、Uインター、藤原組、そしてパンクラスと分裂後も"バッティング"はしなかった。
これも同系団体として『共存共栄』の為、避けるべき(DSEさん!)

レミギウスの"スルー"でテンションがどうも上がらない。
『迷ったときは、前に出ろ!」』と格言があるが、今回ばかりはそうはいかない。
時には後退も必要、今がその時かと.....よって、Tokyo行きは断念、諦めた。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/column/200511/at00006720.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-11-22 23:34
健在!ナイジェル・マンセル
我がF1『原点回帰』は、ナイジェル・マンセル。
アイルトン・セナ、アラン・プロストと共に一時代を築いた名ドライバー。
当時は日本でもF1ブーム、セナが絶大な人気を誇っていた。
だが、"F1の象徴"に向かっていくマンセルが好きだった。
悪い言い方をすればデンジャー、良い言い方をすればアグレッシヴ。
そんな紙一重の走りに魅せられた。
クリーン・バトル主義の現在のF1、この先マンセルみたいなドライバーは出てこないだろう。

そのマンセル、GPマスターズでポール・トゥー・ウィン!
"鉄人"リカルド・パトレーゼ、"壊し屋"アンドレア・デ・チェザリスの懐かしい名前も。
タイムリー性に欠けるが、当blogにはニュース価値が非常に高い。

http://www.asahi.com/sports/update/1114/102.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-11-19 11:59
11.23『ZST8』全カード発表
武士道-其の九-(1R11秒KO負け)の後遺症がまだ残っているのか、小谷は。
レミギウスの"スルー"は予測出来た。
11.5『K-1MAX』韓国大会の終了後「休む期間がもう少し必要」とコメントしていたから
2週間後はキツイと思っていた(案の定!)
大晦日(Dynamite!!)に向けての"スルー"なんでしょうが、出来れば出場して欲しかった。

小谷、レミギウス不在で3周年記念興行はなんとも寂しいカードとなってしまった。
コレをどうカヴァーするか?
やはり前田日明の登場か?

http://zst.jp/info/info_50.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-11-17 23:36
2007年、富士スピードウェイでF1開催へ
毎年の事ながらトヨタ・モータースポーツフェスティバルの目玉は、トヨタF1カーのデモラン。
当初、バルセロナ(29日)で初装着する予定だったが、ファンの前での初装着、初走行となった。
とは言っても、BSが用意したデモラン用と思われる。

TMFの開催地、富士スピードウェイはトヨタのホームコース。
F1開催へ向けて改修も終わり、あとは誘致出来るどうか。
バーレーン、上海と新規開催が続き、さらに世界各国でもF1開催へサーキット建設もされており
現状では1国2GPは不可能で鈴鹿、富士の交互開催が濃厚と思われる。

ヘルマン・ティルケ氏(セパン、バーレーン、上海を設計)が設計したサーキットだけに
富士SWでのF1開催は間違いないが。

http://www.nikkansports.com/ns/sports/motor/p-sp-tp3-051114-0012.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-11-15 23:45
金原弘光 vs ハリッド“ディ・ファウスト”(11.5 HERO'S 2005 in SEOUL)
"あの"USENが運営する『Gyao』で11.5『HERO'S』韓国大会をノーカット放送。

試合は1R、2R共に金原ペースだが、1Rでの右フック、2R終盤でのパンチがジャッチに
印象が残ったのか?ハリッド“ディ・ファウスト”の判定勝ち。
厳しいことを言えば、1R腕十字固めが決めれず逃げられた時点で金原の負け。
アソコは絶好のチャンス、自身も悔やんでいるが。

金原はしばらく勝っていない、このままでは大舞台でのオファーが無くなってしまうのが心配。
所英男を筆頭に若くて魅力的な格闘家が豊富にいる。
"ベテラン"田村潔司には『11.23』はキッチリ勝って存在感を示してほしい。

http://corvette.livedoor.biz/
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-11-13 22:00