星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2005年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
フラッシュバック / 2005 パナソニック・トヨタ・レーシング
F1参戦4年目、飛躍を遂げたパナソニック・トヨタ・レーシング。
要因はJ.トゥルーリ、R.シューマッハ、GP優勝経験者を擁したこと、M.ガスコインが
手掛けた「TF105」。

開幕戦オーストラリアではJ.トゥルーリが初フロントロー、トヨタ予選最高位2番手を獲得。
タイヤトラブルに見舞われ入賞を逃したが、確かな手ごたえを感じた。
開幕前に首脳陣も言っていたが、今シーズンの目標は「表彰台」に上がること。
2戦目マレーシア、その時が来た。
53戦目にして、J.トゥルーリが2位表彰台を獲得。
c0039708_2241367.jpg

続く3戦目バーレーンもJ.トゥルーリが連続の2位表彰台を獲得。
快進撃が続くかと思われたがヨーロッパラウンドは苦戦を強いられた。
入賞するのが精一杯。
実に入賞を逃したのが開幕戦と"あの"アメリカGP、2戦だけ。
J.トゥルーリがトヨタ初のポールポジションを獲得もレースはミシュラン勢がボイコット。
c0039708_22415747.jpg

フェラーリが1,2フィニッシュを決めた。
これが終盤のコンストラクターズ争いに響くことになった。
もし、ミシュラン勢が出走していればフェラーリの18ポイント加算はなかったはず。

ここまで前半戦はJ.トゥルーリがチームをリードしてきた。
後半戦に入り、立場が逆転。
R.シューマッハが13戦ハンガリーでトヨタ入り初の3位表彰台を獲得。
c0039708_22413286.jpg

18戦鈴鹿でポールポジション、最終戦上海で2回目の3位表彰台を獲得。
最終的にドライバーズランキングはJ.トゥルーリより上回った。

コンストラクターズ 4位
ドライバーズ R.シューマッハ 6位
         J.トゥルーリ 7位

4年目して戦えるチームとなった。
マシンの信頼性は十分だが、ルノー、マクラーレンと戦える速さがない。
ウインターテスト、新型車の出来が鍵を握る。
来季も改善し進化するパナソニック・トヨタ・レーシングに期待する。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-10-30 23:00
タイヤ交換 復活
タイヤ交換が禁止された今シーズン、タイヤトラブルが多かった。

最も象徴的だったのが第7戦ヨーロッパGP。
ライコネンが優勝へ向けてラスト1周でタイヤのバイブレーションでサスペンションが
破壊されクラッシュ。
トヨタも開幕戦オーストラリアで予選2番手からスタートしたトゥルーリだったが
タイヤトラブル(ブリスター)で後退をさぜるを得ず入賞も逃し(9位フィニッシュ)
苦い思いをした。

不可欠なモノが帰ってきた、歓迎だ。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-10-29 07:49
日本シリーズ 第4戦 【10月26日 甲子園】
半年間やってきたことを完全否定されているような、それに値する屈辱のストレート負け。
こんなヤレれ方は多少なりとも後遺症が残ってしまう。

課題を残したシリーズ。
同じ野球ながら制度が異なるため全く咬み合わず、"異種格闘技"を見ているようだった。
咬み合ってこそ、名勝負が生まれるというもの。
この過ちを繰り返さないよう、今オフにでも改善すべき。
大きな代償を負うことになったが、意味のある4連敗になる、選手とファンの想いも報われる。

「宿題を残した」と岡田監督を言うが、選手に向けた言葉ではないと思う。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-10-27 23:04
日本シリーズ 第3戦 【10月25日 甲子園】
早くも崖っぷちに立たされた。
しかし、ペナント終盤も中日に何度となく追い詰められ、その度に勝って難を逃れた。
"流れ"がまだ生きているなら、明日は勝つ!
それとも、"勢い"が勝るのか?

明日は矢野を外して、野口を起用すべき。
このシリーズに相性が合ってないように感じる。

もし、明日も完敗なら.....現実逃避。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-10-26 01:11
全力で田村選手を口説く
DSEの狙いはコレだったのか、ホント汚いヤリ方だ。
借り(Axis協力)がある以上、拒否することは出来ない。

あるとすれば『11.23』。
バーネット参戦決定、メインでの対戦がほぼ決定。
もし怪我をすれば、12.31『男祭り』は"スルー"回避が出来る。
ただ総合でなくプロ・レスリング、そうは大きな怪我はないだろう。
桜庭と戦わない限りは、何処までも追ってくる(しつこい!)。
コレを最後に総合と決別するのもよいが。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/pride/headlines/20051024-00000023-spnavi_ot-spo.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-10-25 07:22
日本シリーズ 第2戦 【10月23日 千葉マリン】
恐ろしい程の"勢い"はどうすることもできず、「好きにしてくれ!」という感じだ。
渡辺俊介は交流戦でも全く打てなかったから、シリーズでも苦戦を強いられることは
覚悟はしていた。
昨日の清水、今日の渡辺と一線級を打ち崩すのは、ブランクのある打撃陣にはキツイ。

打線同様、投手陣も2試合20失点と不調、リードする矢野は苦悩しているだろう。
今江の8打席連続安打は阪神バッテリーが打たせているようにしか見えない。
攻め方が甘い!
勢いのある選手にはインコースは当然のこと、仰け反るぐらいの厳しい責め方をするべき。

今のところ、明るい材料は見当らない。
強いて挙げれば明後日からは本拠地・甲子園、エース・下柳が投げることぐらい。
下柳が踏んばって、"JFK"で逃げきって"流れ"を引き込みたい。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-10-24 00:22
日本シリーズ 第1戦 【10月22日 千葉マリン】
井川での敗戦はある程度覚悟はしており、「やっぱりかぁ」というのが正直なところだ。
変化球は高く浮いて打たれたが、ストレートの走りが良かった。
打たれる度に「チキショー!」と悔しがる井川。
シーズン中には見られなかった表情だ。
まだエースとして自覚をしているのだろう、次回の阪神ラスト投板!?に期待する。

実戦から遠ざかっていた影響で『沈黙の打線』となったが、これも覚悟はしていた。
ただ、DHの片岡は外すべき。
3球勝負するぐらい清水も恐くないだろう、片岡を子供扱いにしていた。
明日は林(リン)、右でも濱中を起用してほしい。

第1戦は負けると決めつけていたので、ショックも悔しさもない。
逆にこういう(ワンサイド)負け方のほうが、スッキリして気持ちも切り替えられる。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-10-22 23:20
第2弾は『12.29』(後楽園ホール)
公式サイト!?の掲示板で上井さんがヤルと書き込みしている。
"場外"が話題となった『9.11』旗揚げ戦のような事は通用しない。
リングの外より内、が問われる第2弾。

『11.23』には同系列の『U-STYLE Axis』の旗揚げ戦がある。
田村とバーネットのメインで、超満員のUファンを魅了し成功を収めるのは確実。
やはり現役のU戦士、田村潔司と経験者のU-FILE CAMP勢がいる"Axis"が有利。

コレを受けてのBML『12.29』。
"Axis"同様、U.W.F.ルールを採用するのか?
別の形でU.W.F.を完成させようとするのか?
それには中心人物、船木誠勝は欠かさない。
『12.29』、復帰はあるのか?(トレーニング中らしいが...)
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-10-20 00:55
相手は千葉ロッテマリーンズ
時代が変わった、という気がしてならない。

日本シリーズで阪神と千葉ロッテが対戦するとは誰が予想していただろうか?
共に暗黒時代が長かった球団だけに、数年前では考えられないカード。
『阪神タイガース vs 千葉ロッテマリーンズ』ホント、新鮮な感じがする。

現実に戻れば、交流戦では2勝3敗1引分けと苦戦を強いられた。
ソフトバンクにしても2勝4敗と負け越し、どちらも来てほしくなかった。
4勝2敗、得意とする松坂がいる西武なら.....(ということです、CLUBYYさん)
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-10-17 23:28
パナソニック・トヨタ・レーシング イン 上海
R.シューマッハ 3位(予選9番手)
J.トゥルーリ 15位(予選12番手)

表彰台に相応しくないレース内容に喜べない。
鈴鹿ではセーフティカーに泣かされたが、ここ上海では助けられた。
2回目のSC導入後にピットインせず、第2スティントを長くした戦略も好をもたらした。

来季を見据えての"Bスペック"投入(新型車は"Bスペック"をベースに製作)も期待した
パフォーマンスを見ることが出来なかった。
しかし、実戦でのデータを取れたことは新型車の製作、来季にも繋がる。

速さは欠けていたが信頼性は十分、今季のトヨタを象徴するような表彰台、最終戦だった。

c0039708_2113451.jpg

[PR]
by yousuke_kubota | 2005-10-16 21:15