星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2005年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧
ヤクルト vs 阪神 15回戦 【 8月19日 神宮 】
昨日の安藤といい今日の下柳、先発陣で安定している2人の連日の早期降板は予定外。

5回終了時点(9点差)で棄てゲーム、6回からは矢野から浅井へ交代すべき。
まさか狩野とは.....この起用はガッカリ。
横浜2戦に浅井を起用した意味がなくなってしまう。

21日の調整登板した太陽。
調子良し悪し以前の問題で、ヤクルト優勢の流れに呑まれてしまった。

明日は5回まで杉山、『SE』、1日だけのお盆休みした『JFK』で逃げ込みたい。

※『SE』とは桟原、江草の略であり、システムエンジニアの略ではありません。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-08-20 01:31
阪神 vs 横浜 18回戦 【 8月18日 大阪ドーム 】
加藤武治、三浦に続いて天敵になりそうな気がする。
一昨日(16日)、11回裏1アウト満塁のサヨナラの絶好のチャンスに登板、シーツと金本を
仕留めた。
サイドからの速球、変化球に「やっかいな奴」と思って観戦していた。
そして今日、案の定ヤラれた。
ただ三浦と違って絶妙のコントロールがないのが救い。

正直、片岡はもう無理(引退)かなぁと見ている。
価値ある1発も評価は変わりません(厳しいですが)。

明日からヤクルト戦。
下柳(金曜日)、杉山(土曜日)、そして"サンデー"は能見が落ちたので太陽が濃厚。
1勝1敗で勝ち越しを賭けての1戦になりそうですから、太陽には頑張ってもらわないと!

讀賣が中日に勝ち越し、意地(アシスト)の感謝。

精彩がなかった矢野も最後に意地を"魅せて"くれた。
ただ、いつまでも矢野に頼っているわけにもいかない。
何度も書いているが後継者を探さなければならない。
当blog推奨!?、筆者オススメの浅井良(しつこい!)
なんといっても、打撃が魅力だ(しかも積極的)。
3人制を採らず、2人制(投手を増やす)にしてこの3連戦のように併用もこの先を考えたら
必要と思う。
矢野がダメになってからでは遅い!元気なうちに育てないと。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-08-19 01:07
2006年 ドライバーラインナップ②
BARがバリチェロ(フェラーリ)と複数年契約を発表。

これで来季のBARのシートは残り1つ。
バトンは強く残留を希望しているが、もしウィリアムズへ移籍となればハイドフェルド
(ウィリアムズ)がBARへ移籍、トレードという噂もある。

来季のラインナップに関して色々と名前が出てくるが、佐藤琢磨の名前が一切出てこない。
BARの首脳陣の頭にはないようだ(離脱決定か?)
離脱となれば来季のシート獲得は厳しい、下位チームならまだしも上位チームは。
上位のサードドライバーか?下位のレギュラードライバーか?
苦しい選択を迫られそうです。
日本人ドライバーがいないシーズンも寂しい気もしますが。

"ジャパン・パワー"は日本人ドライバーだけではなく。
我ら!のトヨタもジャパン・パワー。
トヨタの躍進の影響か?
地上波(フジテレビ)が日本GPをライブ(生放送)ですることが決定。
現地観戦者(筆者)には関係ありませんが。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-08-18 00:08
11.26 『HERO'S』 リトアニア大会 開催
アンテナは常に張ってなければなりません。
所英男』~『ZST』とチェック、たまたま『リングス・リトアニア』を開いたら.....
『 BUSIDO superturnyras "HEROS" 2005 11 26, Vilnius 』
どうやら10日前後にUPしたらしい。

『HERO'S』のロゴマークが使用されているというこは.....HERO'S・リトアニア大会
と言っていいんでしょう(とりあえず)。
しかし、本体(HERO'S公式サイト)にもそんなインフォーメーションされていない。

韓国、米国での開催の予定もあると云われている。
この海外大会は選手の試合を作る場として開催するらしい。
スーパーバイザー・前田日明の目に適った者を日本へ連れて行く。
本戦(日本)への予選的大会になるんでしょう。
日本人の派遣も十分有り得る、ZST勢もしくはHERO'S参戦選手。
まだ先の事、『9.11』が終わってからでしょう。

今週末(8.20)に注目のリングス・ロシア大会が開催。
『8.20』から『9.11』へ、この流れ、大事にしていきたいです。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-08-16 12:37
讀賣 vs 阪神 15回戦 【 8月14日 東京ドーム 】
ナゴヤでの勝ち越しで気を緩めたわけでもないが、主力不在(高橋、清原、ローズ)の讀賣に
負け越しは痛い、しかも連続サヨナラとは。
若返りを図る讀賣の全力で向かってくる姿勢に負けた感がある。

目標(優勝と最下位逃れ)がある2チームだけに選手も必死、好プレーも続出。
ヘッドスライディングはチームの士気を高めるプレーだが、足で駆け抜ける方が速い。
福本豊氏(ABC,サンテレビ)が「危険、やるべきではない!」と何度も言っていることだけは
書いておく。
6回裏(堀田)、アウトに出来なかったが鳥谷の一塁への送球(肩の強さ)は素晴らしかった。
もし、藤本なら2バウンド、3バウンド。
また、宮本(ヤクルト)ならアウトにしていたではず(悔しいけど、上手い!)

疲れによる!?不調の橋本に代わってダーウィン、野口に代わって太陽が1軍登録。
ダーウィンは全く期待していない、敗戦処理だろう。
4ヶ月ぶりの太陽には期待している、まずは『JFK』への繋ぎ、そして谷間での先発か?
もう1度ローテーション復帰をしてほしい、沈むなよっ!太陽。

明日(16日)、大阪D(横浜戦)へ行くことになりました(サンクス!ひろきちクン)
コチラは井川、ムコウは三浦、苦戦は当然!?
讀賣の意地(アシスト)を期待してます。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-08-15 16:10
トヨタの強さここにある
トヨタF1史に初表彰台をもたらした『TF105』

手掛けたマイク・ガスコイン(テクニカルディレクター)は語る。
「改善を繰り返せば、その積み重ねが大きな力となる。」

『改善』はトヨタのクルマ作りの理念『トヨタ式生産方式』の柱のひとつ。
今や販売台数ではGMに次ぐ世界第2位、巨大自動車メーカーとして成長を遂げた
トヨタの強さはここにある。

改善を繰り返しながら『究極』へ近づけていく、それはチャンピオンへの『工程』ともいえる。
GP毎にモディファイしていくTF105、そこにはトヨタのクルマ作りに対する
『エッセンス』が詰まっている。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-08-14 11:23
中日 vs 阪神 15回戦 【 8月11日 ナゴヤドーム 】
流れを考えたら、中日優勝を決定づけるならこの3連戦が最大のチャンス。
阪神にとって鬼門・ナゴヤでチームが一番勢いがある状態で3タテして突放したかったところ。
それが失敗に終わったということは.....
再び、大型連勝モードになるとは思えないが(横浜、ヤクルト、讀賣、広島、頼むぞっ!)

この3連戦をレースで例えるなら.....
コーナー入り口で距離を縮められるも、出口からストレートで再び引き離したといった感じ。
当分の間はルノー(阪神)とマクラーレン(中日)の『テールトゥーノーズ』が続くだろう。
驚異的な速さを見せるも意外と脆い(リタイア)マクラーレン、3番手のフェラーリ(ヤクルト)
が要注意か?
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-08-12 01:04
9.11 『BIG MOUTH LOUD』 旗揚げ
コレが前田日明が来年旗揚げ予定の新団体か、別のモノなのか判らない。
ただ、前田が咬んでいる以上は押さえていく必要はある。

『9.11』も山本宜久の名前がない。
『9.7』(HERO'S)に参戦予定しているなら『9.11』はスルーは絶対。
ということは、『9.7』濃厚と言っていいのか?

『9.11』といえば、日本の将来を決める大事な日。
テレビの前で戦況を見ているのが当り前!?
そんな日に後楽園ホールを満員に埋めることが出来るのだろうか?

『9.11』(阪神 vs 広島)のチケットが手元にありますが.....

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/column/200508/at00005729.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-08-12 00:58
中日 vs 阪神 13回戦 【 8月9日 ナゴヤドーム 】
いよいよ崖っぷち(0.5ゲーム差)に立たされた。
それでも首位であるのが不思議なぐらい。
『9.11』を待たずに今日にもセ界は政権交代も。

仙台では佐々木主浩(横浜)の引退試合。
コチラ(阪神ファン)は感傷的に浸っている場合ではない。
むしろ、中日に勢いをつけた両チームに「ふざけるなっ!」とでも言ってやりたいぐらい。

今日こそは勝って首位の意地を見せたい。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-08-10 07:20
『8.20』の向こうに
8.20『リングス・ロシア』の対戦カードが決定、加えて前田日明が訪露するらしい。

『8.20』は単なる大会で終わってほしくない。
大事なのは前田、金原、高阪の元リングス・ジャパン3人が集まるということ。
2者、あるいは3者での会談が行われるだろう。
近況報告と今後、つまり『HERO'S』。
高阪はともかく、金原は「また前田さんとも一緒にやりたいしね」と言っているので
前田からの打診、あるいは金原からの直訴も十分あり得る。
『9.7』のワンナイト・マッチも決まってないわけだし。
金原vs山本も.....夢(妄想)は膨らむ。

『9.7』に繋がる大会であるよう期待したい。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-08-09 07:21