星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2005年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
7.3 「ビックマウス・ガチンコトークショー」はスルー
主役不在で五千円払う価値無し。

地元関西開催も「7.6」の準備に忙しいんでしょう。
仕掛人(上井社長)に興味がありますし、流れに乗るなら行くべきでしょうが。
復帰後、流れに巻き込まれ自分を見失いつつあり、冷静になって『原点回帰』が必要。
前田日明あっての『HERO'S』であり『ビックマウス』、あくまでも前田日明が大前提。
しかしながら、HERO'Sを全て受け入れているわけでない。
『U.W.F.』『リングス』が絶対で、ノーパウンドも変わらない。

これからも前田日明と接近戦しつつ、HERO'Sとはある程度の『間合い』を保つでしょう。

http://www.bigmouthishikawa.com/topic/050703koube.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-17 22:16
北都にHERO誕生
ダイジェストで見たので詳細は解らないが、完封出来なかったことは逆に良かったはず。
プロ初登板、初先発、初完封.....鮮烈デビュー型はこの先行き不安ですから。

SHINJOに続き、球場へ足を運ばせる選手のひとり(前日+10,000人増)。
松坂との投げ合いも楽しみ、そう考えれば千葉ロッテの快進撃とパ・リーグ盛り上るでしょう。
交流戦ではニアミスでしたが、来年の『クロス』が楽しみ。

日本ハムのエースといえば、世代的に西崎幸広。
甘いマスクの本格派右腕と共通点もある。
是非とも北海道日本ハムのエースになってもらいたい!(金村ゴメン!)
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-16 00:49
西武 vs 阪神 4回戦 【 6月14日 インボイス 】
『エース奪還』に相応しいナイスピッチング!

躍動感溢れるフォームから投げられる気迫のこもったストレート、まさに『圧巻』。
エースがもたらした緊張感を中継ぎ陣が壊さず繋いだ。
シンプルな試合内容だが引き締った好ゲーム、怪物の演出も忘れていけない。

明日は地上波放送なし、注目は札幌ドーム(ダルビッシュ初登板)。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-14 23:50
リザルト / 2005 F1カナダGP
R.シューマッハ 6位(予選10番手)
J.トゥルーリ リタイア(予選9番手)

前走(ドイツ)のリタイアで3番アタックの不利(低いグリップ)をもろともせず10番手
グリットを獲得したラルフ、決勝も期待させるがスタート失敗とセーフティーカーが
ラルフの前へ入ったのが誤算も6位入賞。

トラブル(電気系)による走行不足での予選アタック、9番手グリットスタートからの
トゥルーリ、ラルフと正反対に好スタートで7位浮上。
上位陣のリタイアで3番手走行もブレーキトラブルでリタイア。

ブレーキに厳しいジル・ビルヌーブ・サーキット、ブレーキから黒煙を上げるマシンが
続出、兆候が見れなかったトゥルーリまでもとは思わなかった。
3戦ぶり表彰台へラスト8周だっただけに残念。
波乱カナダもラルフが3ポイント獲得で相変わらずチームの粘り強さを見せている。

フェラーリ、BARが勢いを取り戻す中、ルノーの2台がリタイアが無ければ入賞は.....
依然厳しい状況は続く。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-14 07:17
7.6 むちゃくちゃ空いてます
筆者、格闘技ファン(一応!)であるが、門馬秀貴の知識全くありません。

前田日明の引退、リングス休止と共にこの世界から遠ざかっていましたから。
プロレスを見始めた頃は新日本と全日本しかない『ナローバンド(狭帯域)』時代、いまや
プロレス、総合格闘技の『ブロードバンド(広帯域)』全盛期に全てカバーすることは不可能。

武士道に圧されつつあるHERO'Sには追い風。

筆者、7.6 仕事ですから、前田さん。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/200506/11/index.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-13 23:57
阪神 vs 北海道日本ハム 最終戦 【 6月12日 甲子園 】
渡辺俊(千葉ロッテ)と投げ合った1週間前とは雲泥の差、下柳。
特別強風でもない甲子園上空、天の悪戯!?によるHR(セギノール)。
『伏線』はあった、初回の森本に始まる打球がセンター、左中間によく伸びる。
今季6勝と先発陣を引っ張ってきた下柳を責めれない、7失点も「こんな日もあるさ!」

『勝っても負けても』橋本、8点リードされて登板。
梅雨入りしコンディション調整が難しい時期、再び背中に張りが出ないか心配。
今日みたいな負け試合、中継ぎ陣を休ませる為にあえて先発を引っ張る方法もある。
久保田が3日間登板なし、今日登板なければ5日間も空く。
西武戦の調整登板として1イニング投げさせてもいいかと思う。

北海道日本ハムの連敗が11でストップ、阪神ファンの筆者がなぜか?ホッとした。
筆者地元球団だけにパシフィックは北海道日本ハムを陰ながら応援している。
11連敗が響き5位低迷もプレーオフ進出の可能性は十分ある。
7月のスカイマークに行こうか悩んでいる、行ったことのないスタジアムですから。
ダルビッシュ有登板ならゴーサインです。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-12 21:40
阪神 vs 北海道日本ハム 5回戦 【 6月11日 甲子園 】
4連勝中の余裕と10連敗中の焦りが出た1戦。

能見、桟原の失点は防げた。
昨日の打席を見れば判る勝負が早過ぎるSHINJO、初球は絶対要注意、浅井!
記録はヒットだが、明らかにスペンサーのエラー。

6回裏はまさに『甲子園劇場』。
日ハム投手陣も甲子園独特の雰囲気に呑み込まれてしまった。
矢野と井場の対戦は見応えがあった。
井場のフォークはエグい!、カットして四球を選ぶことが出来たのも好調・矢野だからこそ。
赤星のショートゴロの併殺、1塁はアウト!(審判も呑まれてる)。
二塁の小谷野が不満顔(その気持ち判る!)するも、ヒルマン監督抗議せず。
10連敗中、やはり元気がない。

橋本の起用方針をそろそろ決めた方がいいかと。
昨日は終盤同点の緊迫した局面、今日は5点差負けている局面。
使い勝手のいい橋本でもモチベーションを保つのに苦労してるだろう。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-11 17:56
田村潔司、6.26PRIDE参戦
今や田村も一国一城の主(U-FILE CAMP)、DSE(ドリームステージ
エンターテイメント)との関係を保たなければならない『大人の事情』もある。
それはコチラも承知済み。

だからといって指を咥えて見てるわけにはいかない、コチラ(HERO'S)に引き込みたい。
頑固者の心を動かすには、流れを作るのも必要。
「田村選手と.....」名指しで対戦要求する、山本が!
一日も早くHERO'Sで、田村が戦いと思えるファイターになってほしい。
永田を相手にしている暇はない!(村上、柴田に任せておくべき)

『 山本宜久 vs 田村潔司 』、筆者の夢である。

何度も田村に裏切られても夢実現まで我が妄想!?は続く.....

http://gbring.com/sokuho/news/2005_06/0609_pride.htm
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-11 01:32
オリックス vs 阪神 最終戦 【 6月9日 大阪ドーム 】
浅井が今季初スタメンマスク。

本来なら野口が順当だが、福原の気分転換と打撃重視の意味を込めて浅井の起用だろう。
完封させたのだから自信になったに違いない。
無難にこなしたが課題は攻守の『守』、この要因はキャリア不足からくるもの。
何度も書いているが、ワンサイドになったら浅井に交代するべき。

明日から北海道日本ハム戦。
先発は安藤予定ですから、交流戦開幕バッテリー(野口)で問題ないと思います。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-10 00:40
須藤元気、7.6欠場
自身の公式HPで発表。

参加選手の層の薄さを否めない、と同時にトーナメントの興味も薄れつつある。
須藤の欠場をどうカバーするか? スーパーバイザー・前田日明の腕の見せ所。

U系、R系の『サプライズ!』に期待する。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-08 23:44