星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2005年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧
広島 vs 阪神 8回戦 【 6月29日 米子 】
明らかに赤星の『暴走』。
あそこは3盗する場面ではない、藤本(関本)ならまだしも好調・鳥谷に任すべき。

嶋のセカンドゴロへのノータッチ判定へのシーツの怒りの逆転3HR。
序盤のマズイ攻撃がありながら広島から試合の流れを奪うあたり単純に強いというしかないのか?

昨日の平野(オリックス)といい、今日の緒方の守備は素晴らしい!
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-30 00:11
山本の行方
『WRESTLE-1』が「8.4」に決定。
心配なのが出場選手の中に山本宜久の名前があるかどうか。
「7.6」が『スルー』で、もしかしたら.....と思いましたが現時点ではナシ。

復帰戦に向けて日々『精進』しているのでしょう。
再び輝けるかどうかはどの『舞台』を選ぶかで決まる。

『リングス・ジャパン』として『HERO'S』のリングに上がるべき! 9月が楽しみだ。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-29 00:44
田村、判定勝ち
「シード」はテレビ局(TBS)の意向だったらしい。
前田に『良識』があったことに安心も、1回戦分割もどうかと思うが。
そもそも怪我人待ちをせざるを得ない選手層の薄さが一番の問題。
山本、須藤、宇野で決まってほしい主催側だが、新しい『HERO』が必要。
改めてノーシード、所(ZST)に主催側の意に反する活躍を期待する!

迷いに入っているのか?『PRIDE』のリングに『テーマ』が見つからないのか?
対抗戦(吉田道場)発言は『ズレ』ているとしか言いようがない。
『テーマ』が見つからないならリングに上がる必要はない(高田、田村を開放してくれ!)
迷いに入っているなら『原点回帰』するべき。

グローブを外し、レガースを付けるのが一番なんでしょう。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-27 23:22
阪神 vs 讀賣 8回戦 【 6月25日 甲子園 】
「ウィリアムスが抑えていれば.....」今岡がお立ち台に!.....とでも言いたいが。

ローズの3ランがあったからこそ今岡のタイムリーが生まれただけ、無ければ延長戦に
入っていたでしょう、試合の流れってそういうものです、特に今日みたいなシーソーゲームは。

HRで決めるあたり、讀賣らしい。
ウィリアムスのコントロールミスを見逃さなかったローズはお見事!
昨日、今日と連日『がっぷり四つ』の試合をしている、明日も楽しみ。

当ブログにコメントして下さっている讀賣ファンのCLUBYYさんも喜んでいるでしょう。
話は変わるが、今日は休みで中古CD屋でCDを購入(1,000円)してきた。
阪神が優勝した1985年に大ヒットした「レックレス / ブライアン・アダムス」。
ベストアルバムと言っても過言でないぐらい、どの曲のシングルにしてもおかしくない
80年代を代表する1枚。。
事実、10曲中半分はシングル発売されたはず?
筆者はイントロのギター(キース・スコット)がタマラナイ!「RUN TO YOU」

レックレスを聴きながらコラム....既に3回目!10曲収録で38分って!でも、飽きない。

c0039708_23224989.jpg

[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-25 23:29
宇野薫、7.6欠場
怪我人をシード枠にするあたり厳しいです。
9月に間に合わなければ大変です、一応!「ミドル級世界最強王者決定トーナメント」と
銘打ってますから。

主催者、テレビ局側としては須藤か山本、もしくは宇野に優勝してほしいのがアリアリです。
コチラとしては、そうは簡単にさせたくない。
『U』も『R』も出ないも、『R』を継承する『Z』に期待。

一泡吹かしてほしいです、所!

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/column/200506/at00005186.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-25 01:19
阪神 vs 中日 9回戦 【 6月23日 大阪ドーム 】
『相対関係』が変わったか?といえば何も変わらず。

中日戦最大のテーマ『天敵・山本昌攻略』。
序盤に2点リードも2度の中押しチャンスを生かせず『勝ち逃げ』されてしまった。
この3連戦、交流戦の差が出て(偶然!)勝ち越し出来たようなもの。
今後も相変わらず苦戦を強いられるだろう。

4球団に2勝1敗ペースで『アドバンテージ』を築きたいところだ。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-23 23:40
阪神 vs 中日 7回戦 【 6月21日 大阪ドーム 】
久保田の乱調は心配することなし!

要因は中6日の登板間隔ということは明らか。
レギュラーシーズンが再開し、再び登板機会が増えて調子が元に戻るはず。
これからは『夏男』久保田の季節。
汗をかき体が絞れ、キレが出て腕の振りも良くなる、その証拠がMAX157km!

阪神が優勝するのもしないのも中日との対戦成績で決まると思っている。
ヤクルトも(一応!)讀賣もマークするも、やはり相手は中日。
大袈裟かもしれないが、この3連戦負け越しとなれば「今年も.....」とぐらいの気持ち。

4日ぶりも、簡単に野球モードへシフトとはいかない。
この4日間、頭の中はF1のみ。
まだインディアナポリスの後遺症が残ってます。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-22 00:48
リザルト / 2005 F1アメリカGP
J.トゥルーリ リタイア(予選1番手、トヨタ初ポールポジション)
R.ゾンタ リタイア(予選13番手)

残念、そして寂しい.....全てこれに尽きる。

チームの利益よりドライバーの安全を最優先しリタイア策という勇気ある決断をした
ミシュラン・ユーザーを支持したい。
ミシュランが全面的に非を認めただけにFIAはもっと柔軟の姿勢を示してほしかった。

昨年日本球界でもありましたが、こういう騒動でいつも被害を被るのは『ファン』。
F1は高額のチケット、年1回開催だけに史上最低のレースを見せられたファンの怒りは当然。
アメリカン・モータースポーツの象徴『INDY500』の開催地、インディアナポリス。
「聖地を汚しやがって!ヨーロピアンめっ!」と思っているのでしょう。

日本では深夜枠での放送だけにライブで見た人は多くなかったでしょう(筆者、ビデオ録画)。
ある意味放送されていけない『お蔵入り』レース、永久保存版として残しておきます。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-21 00:08
初ポールポジション獲得!
搭載燃料が軽量であるのは明白も、素直に喜びたい。

表彰台3回、コンストラクターズ部門4位と今季の快進撃を思えば当然ともいえる結果。
インディアナポリスに来てゾンタ、ラルフとタイヤトラブルに見舞われただけに
悪い流れを断ち切ったと同時に決勝に弾みをつけさせる形となった。

昨年の雪辱を晴らすはずのラルフ、大事を取って欠場は悔しいだろう。
代役のゾンタ、アタック1番目の不利も展開次第では入賞を狙える13番手。

最低でも表彰台と期待したいですが、依然タイヤ問題が解消されず不安もある。
一番はトラブルなく無事完走で終えること.....も期待してしまいます、初PPですから。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-19 19:22
悪夢再び.....インディアナポリス
「インディアナポリスで一度も幸運に恵まれたことがない」とコメントしているように
ジャーマン、ラルフ・シューマッハとアメリカン・モータースポーツの聖地は相性が悪い。

昨年もクラッシュに見舞われ6戦の欠場を余儀なくされた。
ラルフの前にもサード・ドライバー、リカルド・ゾンタが同じ原因でコースアウト。
左リアタイヤらしいが、それ以上の事は判ってないらしい。
オーストラリアのブリスターによる失速以来タイヤトラブルが起きていなかっただけに。
フリー走行でのトラブルで幸い、原因を究明し決勝での挽回も出来る。

悪い流れを断ち切って第2次ヨーロッパラウンド、マニクールへ向かいたい。

http://www.f1racing.net/ja/photolarge.php?photoID=46943
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-06-18 17:03