星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2005年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧
阪神 vs 讀賣 3回戦 【 4月14日 甲子園 】
福原の悪い一面が出てしまった。
ローズのタイムリー後、福原がピッチングをどう修正していくか注目していたが
縦に大きく割れるスローカーブが決まらず、ストレートが甘くなり痛打された。

大量失点となったが、2番手以降は踏ん張ってくれた。
橋本は阿部に一発を浴びるも、高橋由、清原、ローズを臆することなく抑えた。
吉野は3人をピシャリと、大差にもかかわらず緊張感を持って投げているように
表情から窺えた。昨年の不振、今季は「背水の陣」で臨んでいるようだ。

3安打とひとり気を吐く赤星。
これだけ高出塁だと、後に打つ打者が重要となってくる。
今日は藤本、関本、シーツ、金本がノーヒット。
3回裏、(赤星、三塁打後)藤本に1本が出ていれば、流れは阪神へ。
少なくとも、ワンサイドにならなかったはずだが.....
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-14 23:53
阪神 vs 讀賣 2回戦 【 4月13日 甲子園 】
偶然か?それとも必然とも思えるぐらい、井川と打線の歯車が悪い。

エースが投げる時はキッチリと勝たなければならないのに
3試合キッチリと負けている、連勝ストッパーになりつつある。
2003年は夏場に照準を合わせ、悪いながらも前半戦は勝ち星を挙げていたが
今季はそれとは違う。

阪神が優勝する条件には、この男の活躍(最低15勝)が必然となる。
この状況なら絶対無理、6~7勝を他投手での分配(ワークシェアリング)が必要だ。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-13 23:30
阪神 vs 讀賣 1回戦 【 4月12日 甲子園 】
先発は下柳、雨の影響か?5四球を出すも要所を抑えて5回1失点。
悪コンディションの中、先発として最低限の仕事をしてくれた。

2番手は藤川、2回3奪三振とパーフェクトピッチング!
150kmオーバーしなかったが、ストレートの球威は申し分なし。
ストライクコールせずも、小久保への4球目は素晴らしいかった。
星野伸之氏(関西テレビ解説者)も言っていたが、久保田の代わりも出来るぐらい
中継陣の中で一番が調子がイイ、昔の非力さを感じられず自信を持って投げている。

今日の勝因は5回表のローズでなく、4回表の小久保のタイムリー後
苦しい下柳にキャプラーが初球を簡単に打ってくれたことでしょうか?

3年ぶりに凱旋?登板した伊達、今の阪神ではあの時のように投げる場所は
ありません、それだけレベルが高いです、今年の中継ぎ、抑えは。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-13 00:22
トリビュート / ファイティング・ネットワーク・リングス
前田日明の表舞台への復帰、新格闘技イベント「HERO'S」開催で
再び「リングス」が注目を浴びている。

正式名称「ファイティング・ネットワーク・リングス」
前田率いるリングス・ジャパンを中心にオランダ、ロシアetc、世界のネット
ワークを使って「世界最強の男はリングスが決める」というスローガンの下に
1991年4月12日、後楽園ホールで旗揚げされた。

リングス・ネットワークの象徴、ヴォルグ・ハン
人類最強の男、カレリンとの引退試合

あれから14年.....今でも色褪せない。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-12 07:21
阪神 vs 横浜 3回戦 【 4月10日 甲子園 】
8回10安打しながら無得点、あと1本が出ない試合展開。
能見は前回の登板と違って安定した投球、今日は運が無かった。

佐々木は全盛期の力強さを感じられなかった。
フォークは相変わらず健在で各打者空振りをしていたが、速球は140km前半で
球速、球威は落ちている。
ボールになるフォークを我慢して見逃し、球威の落ちた直球を打つかでしょう。

予報に反して、晴天で暑かった甲子園でした。
9回裏、球場に「ピッチャー、佐々木」とコールされた時は大歓声。
「加奈子コール」を背に受け心中穏やかでなかったでしょう。
c0039708_20304813.jpg

[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-10 20:36
阪神 vs 横浜 2回戦 【 4月9日 甲子園 】
今季4試合目の登板で久保田が開幕(初セーブ)、ホッとしているでしょう。
昨年4S挙げているが、アテネ五輪出場のウィリアムスの代役。
今日が正式な抑えとしてのセーブ、OP戦では好投していたが広島で失敗し
時間が掛かりましたから本番になって抑えの難しさが解ったんじゃないでしょうか。

相手もプロ、150kmオーバーしても打たれます(本日MAX155km)
速球主体の一本調子だと狙い打ちされる、矢野は速球を生かす変化球を多投し
緩急のあるピッチングをさせるべきでしょう。
抑え・久保田はまだシェイクダウン状態、熟成するまで時間が掛かりそうです。

明日甲子園観戦(ライスタ)ですが、予報では午後から雨です。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-09 22:55
阪神 vs 横浜 1回戦 【 4月8日 甲子園 】
始球式を務めた安藤統男氏(MBS解説者)の嫌な予感が見事に的中した。

9回福原を続投させるか、それとも久保田へ交代させるか悩む局面。
セオリー通りなら久保田登板なんでしょうが、昨日の今日ですから.....
結果は打たれたが、福原続投を選択した岡田監督の采配は間違いなかった。
「あの人」なら、久保田を登板させていたでしょう。

最近の5試合、9得点の好調の打線だったが開幕戦の石川同様、苦手とする
三浦に8回5安打2得点と打ち崩すことが出来なかった。

今季も横浜に苦戦を強いられる予感をさせられた、甲子園開幕戦だった。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-09 00:04
広島 vs 阪神 3回戦 【 4月7日 広島 】
試合の流れ、展開を見れば起きるべくして起きたようなもの、驚きはない。

打たれた久保田を責める必要もなく、強いて言えばその流れ、展開を作った
井川のふがいのなさ。

悪い形で本拠地・甲子園での開幕を迎えるが、相変わらず打線が好調で不安なし。

久保田は、後に尾を引かねばいいが.....
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-08 07:08
フラッシュバック / 2005 F1バーレーンGP
佐藤琢磨共同開発「SUPER H2O」飲みながら書いています。

タイヤ、ブレーキに厳しいバーレーン、コースアウトするマシンが続出。
そのコンディションの中、トゥルーリはノーミス、ノートラブルで2戦連続
表彰台を獲得、ラルフは1度コースアウトするもポジションを落とさず(4位)
2戦連続W入賞で終えた。

開幕戦の悪夢が嘘のように、ここ2戦はタイヤトラブルが起きず。
あれは突発的?トラブルだったかもしれません。
わずか2戦であるが、トヨタの快進撃!?は本物かどうか?
フェラーリの新型車緊急投入でTF105のパフォーマンスを比較する
レースとして見ていたが、熟成不足によるリタイア。
しかし、序盤はミハエルに離される格好(3位)になってしまった。
シーズン中盤で熟成したF2005に対等に戦えるかどうかで、トヨタの
実力が判るだろう。
パーフェクトに近いレースをしても、ルノーのスピードについていけない。
パフォーマンス不足は否めない、TF105はまだまだ熟成の余地がある
発展途上のマシンといえる。

次戦(サンマリノ)から第1次ヨーロッパラウンド、ルノーとの差をどれだけ
縮めることが出来るかどうかが課題になるだろう。


先週末に2005年日本GPのチケットが発売されました。
早速、発売日初日に購入。
座席はF1席、スタート後の1コーナーからS字コーナーまで長く見れる。
F1席は佐藤琢磨応援席とB.A.Rファンが詰め掛けると思いますが
トヨタを応援します、「SUPER H2O」を片手に(美味しいです)。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-08 00:08
広島 vs 阪神 2回戦 【 4月6日 広島 】
3回表の「3.27」の報復と思える本塁クロスプレー(左エルボー入れる)。
左腕を骨折しかねない危険なプレー、やるなら清原のように体全身で突進すべき!

先発(太陽)の後は締めに橋本を投げさす変則リレー。
本来なら、もう1イニング(8回)をウィリアムスに投げさすか、1イニング
早めに久保田を登板させるかのどちらか。
8回にダメ押し点(5点差)が入ったため無理せず久保田の登板回避させ
橋本を登板せる岡田采配、これには賛成(珍しく)。
今日の2イニングを抑えてくれた、ホント使い勝手のいいピッチャーだ。

中継ぎで目立ちませんが、新人王を狙えるかも? 頑張れ、ハシケン!
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-06 23:48