星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2005年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧
ヤクルト vs 阪神 5回戦 【 4月30日 神宮 】
ポイントは3回裏、岩村への配球が全て。

3回裏はフォークボールで三振に獲ったが、5回裏は見送られ1-3、ストライクを
獲りにいった甘い変化球を打たれてしまった。
その逆転HRを『誘発』させたのが鳥谷のエラー、宮本なら難なく捌いていただろう。
昨日同様1発に泣く試合の流れ、明日は能見、月も替わり流れを変えたいが.....


昨日からGWスタート、そして来週末からは交流戦、阪神は札幌Dでの北海道日本ハム戦から
スタート。
私事だが、GW前半は仕事、後半が野球観戦。
5月5日広島戦(甲子園)、そして5月8日北海道日本ハム戦(札幌D)。
昨年も実家への帰省を兼ねてヤクルト戦を観戦、2度目となる今年は交流戦。

偵察を兼ねて日本ハムvsオリックス戦をテレビ観戦。
『白一色』ファイターズカラーでレフトスタンドを埋めていた。
道民にとっては待望のプロ野球球団、道民に歓迎されているのが明らか。
(讀賣戦しかテレビ放送しなかった)讀賣ファンが多かったのも昔。
時の流れ(地元密着型球団)を感じさせる。
そんな環境の中、阪神ファンになった私は.....

要注意はやはり小笠原、『セギ様』ことセギノール。
代打・田中幸雄が登場の時の歓声が大きかった、2000本安打まで72本だそうです。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-30 23:08
ヤクルト vs 阪神 4回戦 【 4月29日 神宮 】
本拠地・甲子園で『大失態』を演じた後は東へ500km移動、気分転換するのには
うってつけの神宮3連戦。

安藤、藤井両投手の好投で引き締った内容、重々しい雰囲気が感じられない。
藤本の登録抹消後に2番に座った好調・関本がチャンスメイクするも後が続かない。
中日との対戦だった為でもあるがここ数試合、クリーンアップに元気がない。
好調・赤星、関本(藤本)の『ツートップ』を返すクリーンアップの活躍が必要だ。

現在(30日)4回裏、今日も昨日同様投手戦になりそうです。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-30 20:05
7. 6 「HERO'S」 開催決定!
「HERO'S」の年内開催概要が前田日明(in Las Vegas)から発表された。

次回(7.6)の国立代々木第1体育館がトーナメント1回戦、9月に2回戦、準決勝
ファイナルは大晦日。
年内は首都圏開催、格闘技は『東高西低』で東、首都圏に住む者を羨む。
せめても東へ『ロード』出来るよう週末開催を願いたい。

西には『甲子園』、『阪神タイガース』、天国です!
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-29 23:15
フラッシュバック / 2005 F1サンマリノGP
戦前から苦戦を強いられることを予測されていたヨーロッパラウンド、サンマリノGP。

結果はトゥルーリが3戦連続表彰台に成らずも7位入賞、ラルフが8位入賞するも
ピットストップでの危険行為で11位降格、2ポイント加算でコンストラクターズ部門では
2位をキープした。

トゥルーリは道中3番手を走行するも、オーバーステアに悩まされペースが上がらず
後続車(ウェーバー、佐藤琢磨)引き放せない苦しい展開、しかし最低限の仕事はしてくれた。
ラルフは抜き難いコースもあって中団グループから抜け出すことが出来ず、尚且つ
ペナルティで降格と後味の悪いレースとなった。

結果ラルフが降格なっとはいえ、W入賞に近い踏ん張ったレース内容。
フェラーリ、B.A.Rの復調、これまでの快進撃が続かないヨーロッパラウンドでは
完走、入賞する堅実さが必要となるだろう。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-29 22:33
阪神 vs 中日 6回戦 【 4月28日 甲子園 】
大失態の後のコラム、キーを打つ指の動きがどうしても鈍くなる。

優勝するチームはミラクルな勝ち方をすると言ってしまえば、終わってしまう。
結果論になってしまうが、ウッズへの攻めは外角一辺倒でも良かった気もする。
中日との対戦は、もはや何かに支配されているかのような試合の流れ、雰囲気の中で
行われているように感じて仕方がない。
甲子園にも『ナゴヤの呪い』が掛かりつつあるようにも.....

中日とは交流戦実施で6月下旬まで対戦なし、当分嫌な思いをしなくてもいい。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-29 00:47
阪神 vs 中日 5回戦 【 4月27日 甲子園 】
昨日、そして今日の3回まで『ナゴヤの呪い』が甲子園までに掛かっているいるかのごとく
重々しい空気だったが、橋本が一掃させたか?4回裏に『勝利の女神』が甲子園に降臨。

もし、今日負けたらこの甲子園3連戦での負け越し決定、鬼門・ナドヤDで勝てないのは
納得!?だが、甲子園でも勝てないなら一体何処で勝つねん!と思ってしまう。
交流戦実施で対戦数が減るわけだから、阪神には歓迎だ。
中日に勝てない勝ち星は楽天(11連敗中)から獲りますか?

『ハシケン』こと、橋本健太郎がプロ初勝利、おめでとう!(明日、バースデイ)
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-27 23:44
阪神 vs 中日 4回戦 【 4月26日 甲子園 】
裏切ってしまった、江草。

これまで点差が開いた余裕の局面での登板で好投し続け、今日の1点差での
緊張感のある局面で今まで通りのピッチングが出来るかどうか注目して見てましたが
ダメでした。
今日みたいな展開でも好投しないと今までの好投が台無しになる、次(先発)が見えて
こない.....が下柳が登録を抹消されましたが?

橋本の元気な姿を見れた(今日の収穫)、チェンジアップはイイ!
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-27 00:10
リザルト / 2005 F1サンマリノGP
J.トゥルーリ 7位(予選5番手)   
R.シューマッハ 暫定8位(予選10番手)

オープニングラップでトゥルーリが4番手へ浮上、逆にラルフは12番手へ後退。
6周目にフィジケラのリタイアでラルフが11番手へ、さらに8周目にポールポジション
スタートのライコネンがスローダウンで3番手、10番手と難なくポジションアップ。
トゥルーリのペースが上がらず後続(ウェーバー、佐藤琢磨)を放すことが出来ず
我慢の3番手、ラルフはポジション変わらず10番手で中盤へ。

20周目にウェーバーと共にトゥルーリがピットインもウェーバーを抑えてコースインも
5番手、ミハエルの驚異的な追い上げで最終的には7位、ラルフは8位でフィニッシュ。

3戦連続W入賞?となるも、ラルフの2回目のピットインの出来事が危険行為と判断され
25秒のペナルティを課さられる後味の悪いレースとなった。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-25 07:16
時の邂逅
入手困難と思われた今週発売の「週刊プロレス」を4日遅れで購入(ガッツポーズ!)。

『想定外』の前田日明と船木誠勝の『×』(クロス)。
「3.26」もクロスせず、やはり険悪ムードかと思われていたが.....そうではなかった。
当事者2人が話す新生U.W.Fの解散、分裂までの経緯、舞台裏はリアル。

前田の「解散宣言」は選手の士気を高めるもの、誰も(ファンも)解散を望んでいなかった。
しかし、その意思疎通が上手くいかず誤解を誤解を生んで解散をせざるを得なかった。
ほんのチョッとしたことなんでしょうが.....15年間も離別しなければならなかった。

でも、こうして『クロス』することが出来た、ならばいいじゃないか!
c0039708_19475576.jpg

[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-24 19:50
横浜 vs 阪神 6回戦 【 4月24日 横浜 】
苦手・横浜まして相手本拠地で頭を獲られ、昨日は辛勝で今日が大事な1戦。

初回の赤星からの強襲攻撃、先制は見事!、苦手相手に有利に進める上で効果的だ。
3回表の金本への2球目は(初回)報復か?
赤星が2盗猛打賞、藤本が左右に猛打賞と「ツートップ」がクリーンアップへ繋ぐ
機能を果たした。
前々回(4.10)に続き能見が好投、「killer」として当てるのも良いかもしれません。

多村、村田の打球がライトへ上がるとヒヤッとする、横浜のライト際は打球は
切れずに伸びるんでしょうか? 承知済み?本拠地・横浜ナイン。

一枝修平氏(MBS解説者)の「楽天」への発言には驚きです。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-24 18:54