星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2005年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
山本宜久、原点回帰
山本宜久が帰る場所は、生まれ育てられたリングス、前田日明。

「HERO'S」参戦と併せて、リングス・ジャパン復興を目指して
いくことを発表された、そのツーショットだ。
このツーショットを見て心がワクワクしてきたのはリングスファン。
心を動かされてしまいそうなのが元リングス・ジャパン勢だろう。
成瀬、長井、高阪、何を思う!

3.26の参戦はないが、次回に「適任者」とカードを組むらしい。
「適任者」は田村潔司しかいない。
次回は無理かもしれないが、将来的(年内)に実現してほしい。
山本が輝ける相手は田村、山本にとって「HERO'S」のテーマは
「Road to tamura!!」

「メガバトルトーナメント」も開催予定、ルールもグラウンドでの
顔面パンチのないKOKルールに移行する予定と「HERO'S」は
リングス、そのものだ!
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-11 23:12
オープン戦( 阪神 vs 北海道日本ハム 甲子園 )
今季から導入される交流戦、阪神ファンの1番人気の対戦カードは
北海道日本ハム戦。
今日がその前哨戦、しかし役者(SHINJO)が不在で寂しい。

3番手で登板したのは昨シーズン先発、中継ぎに活躍の桟原、2回3安打
2四球2失点と結果を出せず。
思わぬ出現したライバル(橋本)に遅れをとってしまった。

期待の和製大砲、桜井にやっと1発が出た。
昨年のOP戦に比べるとパッとしない、同じ期待の喜田が2軍落ちだけに
定位置獲りは無理かもしれないが、代打要員として開幕1軍のキップを
手にして欲しい。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-10 23:21
オープン戦( 阪神 vs 東北楽天 甲子園 )
浅井が2安打1打点、スコアラー(矢野)の前で結果を出した。
野口、岡崎に2歩,3歩リード、開幕1軍枠(2名)に近づきつつある。

下柳がOP戦初登板、ベテランだけに調整は順調そうだ。
今季も6回3失点(合格点)、後は藤川、久保田の登板パターンか?

残るはエース(井川)の登板を待つだけ。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-09 20:58
フラッシュバック / 2005 F1オーストラリアGP
F1開幕戦を終え「開幕熱」も冷めたところで検証してみる。

ファンの声は一様に「つまらない」「退屈だ」と不評だ。
原因はやはり新レギュレーション。
エンジン、タイヤを労っていたのかオーバーテイクが少ない。
順位変更が起きたのは給油によるピットインによるものが多い。
新レギュレーションによる初GPだけに不確定要素が多く慎重になった
為によるものかもしれないが、数戦レースを消化しデータを収集し
信頼性を得たらオーバーテイクシーンが増えるだろう。

危惧されていた新レギュレーションの抜け道。
この抜け道を利用すれば完走は10台前後、ラスト1周、2周でリタイア
するチームが出てくるだろう。
今回利用したのがB.A.R。
エンジントラブル(無かったはず!)でチェッカー受けずにピットイン。
次戦は新しいエンジンで走ることが出来、気温の高いマレーシアでは
有利に働く。
グレーな部分がある新レギュレーションにも問題があるが、戦略とはいえ
利用する側にも問題がある。
別な見方をすれば、B.A.Rのポテンシャル不足であることを証明して
いるようなもの、現実にウインターテストも不調で戦前の評価も?
レース後の佐藤琢磨もそのようにコメントしている。
2005年はB.A.Rにとっては厳しいシーズンになりそうだ。

B.A.Rの不調はどうでもいい!我がトヨタが心配だ。
トヨタ予選最高位2番手からスタートしたトゥルーリだが、1回目の
ピットイン(給油)後にリアタイヤにトラブルが起きズルズルと後退し
9位で終えた。
トラブルはブリスター、チーム側は「今まで出たことのない症状」と
コメントしている。
ラルフはノートラブル、タイヤの磨耗も悪くなかったらしい。
トゥルーリの前半の猛追は、テストの問題点が解消されたと想定して
のパフォーマンスか?それとも解消されてないことを知った上で
前半でアドヴァンテージを持とうとしていたのか?
突発的なトラブルという言い方から、問題点は解消されていたと
チーム側は思っていたかもしれない。
しかし、現実はそうではなかったようだ。
実際のところ、このトラブルが突発的なものか、慢性的なものかは
まだまだ不明だ。
次戦で同じ症状が出たら、TF105に問題があることが間違いない。
熱いマレーシアは2戦目となるエンジンには厳しい環境、「RVX-05」
の耐久性、信頼性が試される。
ブロー(白煙)しないことを祈る!
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-09 20:53
オープン戦( 阪神 vs 横浜 西京極 )
先発は左の中村泰、4回無失点課題のコントロールは1四球。
この内容なら先発候補にも上げられるが、左は井川、下柳、能見
右は福原、安藤、太陽と先発枠はほぼ確定、この先好投しても
中継ぎが濃厚だろう。

2番手の橋本、2回無失点打者7人に対して4奪三振。
登板する度に結果を出し、このまま行けば開幕1軍間違いない。
橋本~藤川~久保田「トラの松坂世代」のリレーを見てみたい!


今話題になっているのが新ヒッティングマーチ。
私は覚えるつもりはありません。
昨年の甲子園での観戦で応援スタイルに思っていたことがありました。
球場では色々な楽しみ方がある、私設応援団と一緒にバットを叩きながら
ヒッティングマーチを歌うスタイル、それとは反対にジックリと野球を
観戦するスタイル、ジェット風船を上げるのを楽しみに甲子園に来た
家族連れなど様々。
ただ最近は被りモノを被ったり、自分では熱狂的ファンと思っているかも
しれないが、第三者から見れば単に目立ちたがりや、「キャー!キャー!」
言われたいとしか思えない。明らかに球場へ来る目的が違っている!
少し古いが、こんなニュースがあった。
これが全て正しいとも思えないが、間違っていないと思う。
言葉で表現すのは難しいが、節度のある応援をするべきじゃないかと思う。
例えば、鳴り物の応援は攻守交替時にするとか.....
徐々にであるがプロ野球は変わろうとしている、それと共にファンも
変わる時に来ているのではないか?
決して、私設応援団を否定しているわけでないので誤解しないでください。
甲子園独特の雰囲気は大好きだし、その雰囲気を演出している
私設応援団には大変感謝している。
マナー、節度のある応援をしようじゃないかと言っているのです。
私も今シーズンは甲子園へ7試合ほど観戦予定があります。
ヒッティングマーチは歌わず、スタンディングせず(後の人が迷惑)
守備時はストライク、アウト、ファインプレーに対して攻撃時はヒット
得点が入った時にバットを叩き、レフト上段自由席(私設応援団不在)で
ジックリと野球を見たいと思っています。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-08 23:51
オープン戦( 阪神 vs 西武 倉敷 )
前回(オリックス戦)怪我からの復活の兆しを見せた太陽が2度目の先発
4回4安打1失点と右の先発3本目としては合格。

2番手は右の「本命」福原が登板、3回6失点とピリッとしないが
井川、福原の左右両エースはOP戦の結果は気にする必要はない。
4月2日(開幕第2戦目)に向けて調整してもらえればいい。

3番手の藤川は順調そのもの。
球速が増し、変化球にキレがあり、低めにコントロールされている。

4番手の久保田は無失点に抑えたがピンチを招いた。
シーズン中なら昨日の9回に登板だが、OP戦は試合の展開に関係なく
登板させる投手を決めている為、シーズンのシュミレーションとはいかない。
(3点リードされ)緊張感が欠けていたのか?

打線は鳥谷に本塁打が出たが、5回と7回の2度のチャンス(満塁)に凡退し
復調はまだまだといった感じ。
今日のスタメンマスクも浅井、ノーヒットおまけに3盗され良いところなかった。

今岡の怪我は軽症らしいが、開幕を万全の状態で臨むのは危やぶい状況。
ここで関本の出番だ!
OP戦では三塁を守り打撃も好調、本番では守るポジションがなく
惜しまれていたが、腐らず頑張っていればチャンスが回ってくるという
ことだろう。

矢野、今岡そして檜山の調整遅れで得点能力が落ちることは必至
投手陣の我慢の試合が続くシーズンになりそうだ。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-07 22:37
リザルト / 2005 F1オーストラリアGP
J.トゥルーリ 9位(予選2番手)   
R.シューマッハ 12位(予選15番手)

TF105の問題は解消されていなかった。

トヨタ予選最高位、2番手からスタートしたトゥルーリはフィジケラと
共にファステストラップを刻みながら3番手を引き離すが1回目の
給油後からペースが上がらずポジションを落し9位でフィニッシュ。
リヤタイヤに問題が生じたらしい、「速さ」は上位チームと遜色無いが
やはりマシンとタイヤのバランスに問題があるのだろうか?

開幕地メルボルンの天候が大きく勝負を左右した結果となった。
土曜日の予選1回目は天候が目まぐるしく変わり、アタックするドライバー
に有利(ドライ)、不利(ウェット)が出た。
ドライでアタック出来たのはフィジケラ、トゥルーリ、逆にウェットで
アタックせざるを得なかったのはM.シューマッハ、佐藤琢磨。
今季は1回目と2回目の合計タイムでスターティンググリッドが決まる。
トゥルーリにとって大きなアドヴァンテージを持って決勝に臨んだが
フィジケラは優勝と大きく溝をあけられた格好となってしまった。

一方、ラルフも予選の不利を受けたドライバー、レースも予定外の
ピットイン(シートベルトがゆるむ)もあり、見せ場作れずリズムに
乗れなかった3日間となってしまった。

トヨタの当面のライバル、レッドブルが4位、7位とW入賞(7P)し
コチラにも差をつけられてしまった。

最低でも入賞、ポイント獲得して欲しかった、予選2番手だっただけに。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-06 18:16
オープン戦( オリックス vs 阪神 スカイマーク )
先発はセットアッパーからスターターへ転向する安藤、立ち上がりを
攻められたが、2回以降は落ち着いて4回1失点とまずまずの内容。
右の投手陣は左に比べて駒不足、藪(アスレチックス)の代わる2本目は
安藤しかいない!その後に続くは先日好投した太陽、そして福原で
1年間ローテションを守ってもらいたい。

2番手の能見はフォーム、仕草(握った手に息を吹きかける)を見てると
星野伸之(元オリックス~阪神)にソックリ(直球は能見が上)。
キャンプ、紅白戦、練習試合での評価が高かったが、その評判どおりの
ピッチング。
左3本目は江草?との争いになりそうだが、現時点では能見が有利。
ロングイニング(スタミナ)はどうなのか?次回の登板が楽しみだ。

今岡が三塁、藤本が二塁へ内野がコンバートされ、新たな心配も出てきた。
今日は失点絡みの3失策(藤本、関本、葛城)。
そろそろ今岡にも出場して、守備練習をしてもらいところだ。

見切るのは早いかもしれないが、ブラウンの1軍先発は厳しい。
スペンサーにしろ、新外国人はほぼ戦力外に近い。
やはり実績のある助っ人(ウィリアムス、シーツ)は安心して見られる。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-05 19:38
2005 F1GP開幕
R.シューマッハ 1'27.162(13番手)

J.トゥルーリ 1'27.195(14番手)

ノー・トラブルで静かな2005年をスタートさせたトヨタ。

今シーズンはレギュレーションの変更で先が読めない展開が繰り広げられ
そうだ。
王者・M.シューマッハは「開幕戦で勝つのは自分じゃない」と弱気な
コメントしている。
フェラーリは開幕数戦は2004年改良型で戦う為、苦戦を強いられる
ことが予想されている。
マクラーレン、ルノーの新型車がテストでも速く好調もあり、フェラーリ
の独走は今季は無さそうだ。

混戦状態が一番面白い、その混戦にトヨタも入れればいいが.....
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-04 23:21
オープン戦( 阪神 vs 西武 鳴門 )
春季キャンプを打ち上げ、4月1日の開幕に向けてOP戦が本格的に
始まり、開幕1軍当落線上の選手にとっては大事な1ヵ月間。

鳴門での西武とのOP戦は13-3と大勝。
先発の江草は3四球出したが3イニング無失点、同期(杉山)が期待を
裏切っただけに自由獲得枠選手には頑張ってもらわないと困る。
杉山同様、江草も「トラの松坂世代」だ!

春季キャンプの誤算は矢野の怪我、どうやら長引きそうだ。
スタメンマスクは私一押しの浅井良。
結果は3打数1安打(タイムリーツーベース)と持ち味の打撃で結果を
出した。
もし矢野が開幕に間に合わないと、野口がマスクを被るのが濃厚だが
正直、頼り無さを感じてしまう。
打撃だけなら浅井、OP戦で打撃面だけでもアピールすれば開幕1軍
場合によってはスタメンマスクも有り得る。

前回(オリックス戦)の初登板で注目を浴びた橋本が2番手で登板し
初被弾を浴びたが、その後はキッチリ抑えた。

この橋本も「トラの松坂世代」だ!
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-03 23:48