星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
<   2005年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
4.1 開幕前夜
我が心「HERO」前田日明にあり。

3.26「決戦前夜」程のドキドキする心境でもなく、いたって冷静。

明日からV奪回への一喜一憂の日々.....

秋(夢)は阪神 vs 北海道日本ハム!
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-31 23:14
「HERO」とは、前田日明である
3.26「HERO'S」の復習を兼ねて週プロを立ち読み(今回は購入せず)。

テレビ、ネットで情報を得ていたので目新しい記事はなかったが、目を引き
付けた記事が二つ。

やはり船木とのクロスはなく、「一定の間合い(距離)」を保っていたようです。
リングスの入場曲も取り上げられ、4.23「WRESTLE-1」では
前田日明のテーマ曲「キャプチュード」が流されるようだとか。

「HERO'S」共に前田日明、そしてリングス復活が盛り上がりつつある中
水を差す行為だけは止めてくれ!
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-30 23:22
プレビュー / 2005 F1バーレーンGP
マレーシアに続き暑いバーレーン、佐藤琢磨が体調不良で出走回避したように
ハード(マシン)だけでなくソフト(ドライバー)のコンディション調整も大事。

F1参戦4年目にして念願の初表彰台獲得したトヨタ、2戦連続完走させた
エンジンの耐久性、信頼性は保障済み。
バーレーンではニューエンジンで開幕戦と同じ状態で出走が可能。
マレーシアではタイヤトラブルに見舞われなかったが、まだまだ安心とは
いかない。

砂漠の中のサーキット、コンディションが勝負を左右する要素のひとつ。
エアフィルターを装着するもエンジンに影響を及ぼさないか?
オフラインは砂が乗りスリッピーになり易く、レース後半はタイヤの消耗が
激しくブレーキングが悪くなる。
少しでもラインを外れるとスピン、コースアウトが待っている。

新型車投入でフェラーリが本気モード、楽なレース展開にならないと思うが
マレーシアがフロックでないことを魅せてほしい。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-29 22:56
6月、HERO’Sメガバトルトーナメント開催
立ち上げ発表から3週間の短期間での開催を考慮すれば成功といえる。
視聴率は14%記録したらしい。

次回開催は6月に首都圏で、併せて「メガバトルトーナメント」の開催も決定。
リングスファンならば、このトーナメント名称の復活は嬉しいことである。
次々と素早く打出していくのは歓迎だが、2大会目でトーナメント開催は
早い気がする。年内は地盤を固めて来年開催すべきではないかと思う。

これからの課題は、同業団体との差別化。
開催地はさいたまSA(PRIDEの聖地)でなく、リングスが首都圏で開催
時に使用していた、聖地ともいえる有明コロシアム。
トーナメント予選は大阪、福岡、名古屋の3大都市、グランドファイナルは
東京・日本武道館。
優勝者にはウイニング・ローレル(金の月桂冠)、これぞ、リングスHERO'S!
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-28 23:44
フラッシュバック / 2005 オープン戦
阪神ファンといえども気になる球団が北海道日本ハムファイターズ。
昨年、私の出身地にフランチャイズを移転、加えてSHINJO、坪井の
元阪神勢が在籍していることもあって昨年からファンとしてではないが
応援している。
道民にとって待望のプロ野球球団、SHINJO人気も相まって札幌ドーム
の観客動員数も増加、それと共に北海道経済も潤い、相乗効果で福岡に移転
したソフトバンクに続く地域密着型球団として成功した例。
昨日の始球式で上戸彩とCMの再現をしたらしい、SHINJOだからこそ
許されるパフォーマンス(観客も期待していると思うが)。
今季も大阪ドーム,スカイマークでの日ハム戦を観戦予定していますので
暇とネタ切れの時は日ハムのことも書こうかと......あ~あ、2連敗。

さて、本題の阪神タイガース。
今日の広島戦をもって9勝7敗2引き分けの成績でOP戦終了。
全体的に投高打低という印象。
前半戦は先発、中継ぎ、抑えと好調だったが、開幕1週間前にして先発組の
調子が下降気味、中継ぎ、抑え組は依然として好調で逆に本番では大丈夫かと
思ってしまう。
打線はスペンサー以外は昨年とほぼ変わらず、一部打順が変わるだけ。
中でもWタイトル(盗塁、打率)を狙う赤星の打撃がレベルアップしている。
昨年から力をつけてOP戦でも結果を出した関本が控えにまわるのはなんとも
悔しまれる。
内野のコンバートで守備が不安。

「遊撃手・鳥谷」の固執がチームのバランスを崩しているような気がしてならない。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-27 23:23
HERO’S (3.26 さいたまスーパーアリーナ)
リングスの入場テーマ曲が流れる中、選手をコールするのは古田リングアナ。
すべてがリングス、そのもの。
ほんの数秒間だが、あの時に帰った。

オープニングの粋な演出に感動させられ、2時間フルタイム試合を見た。
リングス時代、試合が落ち着き会場が静まり返ったその時、「5分経過!
5分経過!5minute past!」と古田アナの大声にドキッとさせられたが
HERO'Sルールは5分3R制、あの大声を聞けないのが残念。

「大山峻護 vs ヴァレンタイン・オーフレイム」が良かったです。
顔面パンチなし、スタンディングのパンチとキック、寝技のシンプル攻防。
「U.W.F.」「リングス」ファン、そしてVT拒否している者にとって
ストレスも無く見れた(受入れた)と思う。

思った以上に、VT特有の残虐的シーンは見られなかったが
まだまだゴールデンタイムでの放送は見送るべきではないかと思う。
無防備な人間に顔面パンチを振り落す、それを見て歓声を上げる観客の
神経を疑う。
HERO'Sのバックには前田がいますから、徐々に整備されKOKルールへ
移行するでしょう、ライバル(PRIDE)はライブドアがフジテレビの
主導権を握って深夜枠で放送させるべき。

私のHERO「前田日明」はリングス時代同様、赤ジャケットを着用。
スーパーバイザーとして裏方に徹していたのか?画面にあまり映らず。
井上和香とのクロスは前日にあったようです。
注目していた船木とのクロスは放送席と離れていたのでテレビ上無かった。
「オーフレイム選手は前田日明のリングス・オランダのエースですから」と
谷川氏のコメントに、船木はノーコメント(無視?)でした。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-27 01:40
3.26決戦前夜
スーパーバイザーとして表舞台への復帰会見(1.22)から2ヶ月。
「HERO'S」立ち揚げ発表(3.1) から1ヶ月弱という驚異的なスピードで
動いてきた前田日明と上井文彦氏(ビックマウス)。

対戦カードが発表されたが、お目当て(山本宜久)不参戦で興味ナシ。
リングス休止以降は、VT(ヴァーリトゥード)を受け入れることが出来ず
総合格闘技は一切拒否、よって参戦選手も殆ど知らない。
2時間も目を背けずに見れるかどうかも判らない。

今回の目当てはやはり「前田日明」。
久しぶりにテレビで動く、喋る前田を見れるのが楽しみだ。
VTを拒否している「U.W.F.」「リングス」ファンでさえ前田見たさに見るだろう。
リングスはBS(WOWOW)、明日は地上波(TBS系列)ですから、中には
新日本プロレス(テレビ朝日系列)以来という人もいるかもしれない。

後は、船木とのクロスが実現するか?
井上和香(番組メーンキャスター)とのクロスも楽しみだ。

今夜は久々に遠足前夜の気持ちです。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-25 22:39
フラッシュバック / 2005 F1マレーシアGP
今シーズンの目標は「表彰台」。

開幕前に首脳陣が口を揃えてこう答えていた。
開幕戦の内容、第2戦目の予選でのトゥルーリの走りで手ごたえを感じて
いたが、まさか開幕2戦目で表彰台に上がるとは開幕前には思わなかった。

高温のマレーシア、気になるのがタイヤライフ。
オーストラリアではリアタイヤにトラブルが起きペースダウンをせざるを
得なかったが、マレーシアではトゥルーリ、ラルフともタイヤトラブルは
起きなかった。
タイヤ同様、2戦目連続となるエンジンの負担も大きい。
2台とも白煙を噴くこともなく、2レース完走することが出来き、加えて
カスタマーエンジンを供給しているジョーダンも2レース完走しトヨタ
エンジンの耐久性、信頼性を証明することが出来た。

トゥルーリはルノー(アロンソ)の速さについていくことが出来なかったが
表彰台を意識しての後半ペースダウンさせてマシンを2位でチェッカーを
受けれるように導いて完璧な仕事をしてくれた。
ラルフはウェバーとの接触によるマシンのバイブレーション、フロントノーズ
交換のタイムロスで5位でフィニッシュ。
接触がなければ4位も有り得ただけに残念、しかし後半は我慢の走りで
最低限(ポイント獲得)の仕事をしてくれた。

4年間トヨタを応援してきた者にとって最高の週末を過ごす事が出来た。
トラブルがあったといえフェラーリ(バリチェロ)を周回遅れにした時の
気持ち良さ、過去3年間はこの逆のシーンを何度見せられたか!

トゥルーリ、ラルフ、そしてチーム・トヨタ、GJ!(グッドジョブ)
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-24 23:25
太陽、開幕ローテションから沈む
昨日(オリックス戦)の試合後の「太陽を開幕ローテから外す」意味に思われる
岡田監督のコメントが気になっていた。

今日開幕ローテーションが決定、やはり太陽は外された(ブラウン昇格)
まさか外すとは思っていなかったので、残念。
私以上に、本人(太陽)が悔しいでしょう。

OP戦は怪我から復帰したと思えないぐらいの好成績、たった1度の失敗で
判断されるとは.....確かに調子落ち気味かと思われるが。

ブラウンはどうなんでしょうか?私は期待していませんが(シーツを除く
新外国人)
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-23 23:52
オープン戦( 阪神 vs オリックス 大阪ドーム )
先発はここまでOP戦好投している太陽、「悪い部分が出た」と言うように
被本塁打2本含む10安打、5回4失点。
1度の失投で先発枠から外れることはないが、むしろここまで怖ろしいまでに
順調で逆に開幕したら調子落ちするのではないかと心配していた。
今日の結果で本人もいい意味で張詰めていたプレッシャーが取れて
リラックスして広島戦に登板出来るのではないかと思う。

2番手の橋本、2回無失点3奪三振とパーフェクトピッチング!
1度先発テストさせたいが、残り4試合で無理そうです。
開幕1軍ほぼ間違いなし、藤川へ繋ぐ中継ぎ、先発が早いイニングで
崩れた時のロングリリーフでの登板になりそうだ。

昨夜、「報道ステーション」でSHINJOと古舘伊知郎の対談を見ました。
次から次へと出てくる「SHINJO節」に大笑い。
そんなSHINJOだが、自分が使用している「グラブ」の話題になると
表情が変わった。
阪神入団時に購入(8千円)したグラブを16年間使用続けているという。
誰にも触らせない、手を入れさせない(形が変わる為)と徹底ぶり。
「野球が上手くなるコツは道具を大切にすること」とイチローも言っていたが
SHINJOのスーパープレーを生み出しているのも同じ。
普段、中々見せてくれない(隠している?)「プロ意識」を見せてもらった。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-22 20:00