星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
リザルト / 2005 F1オーストラリアGP
J.トゥルーリ 9位(予選2番手)   
R.シューマッハ 12位(予選15番手)

TF105の問題は解消されていなかった。

トヨタ予選最高位、2番手からスタートしたトゥルーリはフィジケラと
共にファステストラップを刻みながら3番手を引き離すが1回目の
給油後からペースが上がらずポジションを落し9位でフィニッシュ。
リヤタイヤに問題が生じたらしい、「速さ」は上位チームと遜色無いが
やはりマシンとタイヤのバランスに問題があるのだろうか?

開幕地メルボルンの天候が大きく勝負を左右した結果となった。
土曜日の予選1回目は天候が目まぐるしく変わり、アタックするドライバー
に有利(ドライ)、不利(ウェット)が出た。
ドライでアタック出来たのはフィジケラ、トゥルーリ、逆にウェットで
アタックせざるを得なかったのはM.シューマッハ、佐藤琢磨。
今季は1回目と2回目の合計タイムでスターティンググリッドが決まる。
トゥルーリにとって大きなアドヴァンテージを持って決勝に臨んだが
フィジケラは優勝と大きく溝をあけられた格好となってしまった。

一方、ラルフも予選の不利を受けたドライバー、レースも予定外の
ピットイン(シートベルトがゆるむ)もあり、見せ場作れずリズムに
乗れなかった3日間となってしまった。

トヨタの当面のライバル、レッドブルが4位、7位とW入賞(7P)し
コチラにも差をつけられてしまった。

最低でも入賞、ポイント獲得して欲しかった、予選2番手だっただけに。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-06 18:16
<< オープン戦( 阪神 vs 西武... オープン戦( オリックス vs... >>