星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
新外国人・ジャンは無失点、ボーグルソンは2失点
新外国人2投手を含む外国人4投手が登板。
“豪腕”のイメージを持っていたジャンだったが、変化球も多彩に投げられ
纏まったピッチングが出来る、という印象に変わった。
一方、ボーグルソンは「可」でもなく「不可」でもなく、といった印象。
今年で5年目を迎えるウィリアムス、昨年は怪我で開幕に間に合わなかったが
今年は仕上がって心配はなさそう。
外国人枠はシーツ、ウィリアムスは確定、3人目がジャンとなればボーグルソンとの
争いになるのが3年目ダーウィン、例えコンディションが良くてもファーム行きとなるが
この試合のボーグルソンの出来ではまだまだ判らない。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200703/tig2007031001.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-03-10 17:50
<< 手応えと共にアルバートパークへ “ポスト井川”の陰で橋本が好調 >>