星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
R.シューマッハ、最速タイムマーク!
ドライコンディションとなり、11秒台に5台と拮抗している中でR.シューマッハが
トップタイム(1'11.297)をマーク。
昨年のテストが散々な結果だったこともあり、トップタイムをマーク出来たことは
チームにとっては大きい。
この積み重ねが「手応え」となり、「確信」へと繋がっていく。
3日間通してメカニカルトラブル、コースコンディションの影響で周回数を制限され
プログラムを消化出来ず「内容」には欠けるが、とりあえず「結果」を出した。
ヘレスへ向かうチームクルーも一安心のことだろう?

http://www.toyota-f1.com/public/jp/tests/20070201.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2007-02-02 23:42
<< アブダビGP、2009年に開催決定 好スタート『TF107』 >>