星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
阪神 vs 東京ヤクルト 【 9月19日 甲子園 】
初回、先頭打者・青木のセンターに抜けそうな打球を藤本のファインプレーで
スタートを切れたのは大きい。
あれが抜けて(盗塁でもされて)いたなら、矢野曰く「最高に近い」ピッチングは
なかったと思うが、それを抜きにして先発・杉山は制球も良く両サイドに
低いボールを投げ分けれたことが完投に繋がった。
杉山を助け気分を良くした(はずの)藤本が第一打席でタイムリーツーベース
杉山も続き2点先制、矢野の4打点の活躍もあって計9得点を挙げたが
打線で大ブレーキだったのが1番・赤星。
前日(18日)も代打・片岡を敬遠、赤星勝負という場面があったぐらい、ここ数試合
全くバットが振れてない。
絶好調の2番・関本を1番、赤星を2番へ打順変更をするか、赤星をスタメンから外し
林(りん)を起用し攻撃的な打順を組むのも面白いが、盗塁王争いがネックとなり
不調・赤星を使わざるを得ないのがツライ。

http://www.sanspo.com/baseball/top/tig200609/tig2006092002.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-09-20 07:20
<< O.パニス、F1キャリアに終止符 阪神 vs 東京ヤクルト 【 ... >>