星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
J.トゥルーリ、ヘルシンキでデモラン!
フィンランドの主なF1ドライバーを挙げると現役でK.ライコネン(McLaren)
N.ロズベルグ(Williams)の父で82年ワールドチャンピオン・K.ロズベルグ。
99年、00年ワールドチャンピオン・M.ハッキネン、TOYOTAではM.サロ。
F1以外ではWRC(世界ラリー選手権)での自国GP開催があり、T.マキネン
M.グロンホルムといったワールドチャンピオンを輩出している。
これまで多くの"フライング・フィン"を輩出し、モータースポーツが盛んな国で
ありながら1度もカレンダーに組み入れられたことがない「F1フィンランドGP」。
要因は需要(観客)に対する供給(施設)が伴ってないということが考えられる。
F1GP開催にはサーキットだけあればいうわけにはいかず、サーキット周辺の
交通、宿泊施設が整備が重要となってくる。
その面において来年の日本GP(富士スピードウェイで開催)は不安がある。
鈴鹿も捨て難いが、FIAが「1国1GP制」を採る方向にある以上鈴鹿での
パシフィックGP開催は有り得ない。
広い東西南北の需要を考えたら富士、鈴鹿の交互開催がベストか。

本来ならこの手のニュースはサラッと流すものだが、取り上げなければならない
(タイガースコラムを書けない)現状.....ツライ。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/newslist/20060812.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-14 23:31
<< マーク・ジラン博士、トヨタ加入へ 『日本には野球がある。』 >>