星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
「これは殺し合いではない」(前田日明)
「死角でよく見えなかった」と不可解な発言をしていた谷川プロデューサーだったが
スーパーバイザー・前田日明が"ブチ切れ"コレはマズイと思ったのかようやく非を認めた。
前田が声を荒上げてなければ不透明まま流されたかもしれない。
スーパーバイザーの権限が無視されたと愚痴を漏らしたが『FEG』『TBS』との間に
"グレイな関係"に生じないよう存在意義を今回ばかりは大いに示した。
桜庭になんの想いれもない私にしてみれば心配なのは桜庭の容体より山本宜久。
試合後、引退を示唆する発言があったがRINGSの同期・成瀬昌由のblogを見たら
どうやら回避した模様。
サラリーマン社会ではこれからの年齢も、総合の世界では引退が囁かれてしまう年齢。
山本と同世代の私も昨今考えてしまう事が多いが、もう一度奮い立たせるモノを
見せてくれれば、と願う。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/headlines/etc/20060806-00000036-spnavi-spo.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-08-09 00:31
<< 横浜 vs 阪神 【 8月8日... パナソニック・トヨタ・レーシン... >>