星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
パナソニック・トヨタ・レーシング イン ホッケンハイム
度重なるアクシデントを考慮すれば、序盤戦(Aスペック)では考えられなかった数字。
R.シューマッハは自身のミスを含めた4ストップ(通常2ストップ)での9位は上々。
欲を言えば入賞(W入賞)していればより価値が高まった。
TOYOTAと契約更新を済ませたJ.トゥルーリは終盤「マスダンパー禁止」による影響か
予選、決勝共に精彩を欠くRenault2台に迫るもスターティンググリッドの悪さが響き
オーバーテイクするには周回数足りず逃げ切られる。
ホッケンハイムの雪辱は次戦ハンガロリンクで、一戦一戦「進化」を遂げている『TF106B』。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/gp/12_germany/race_press.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-07-31 23:35
<< 山本宜久がドン・フライと激突、... トヨタ、ウィリアムズへのエンジ... >>