星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
パナソニック・トヨタ・レーシング イン バーレーン
判ったことは「テストは嘘ではない」ということ。
予想通りの「惨敗!」に「完走」し感激に浸っているチームのようにはいかない。

要因は云われていた通りの「BS」とのマッチング。
フェラーリは別として、トヨタ同様今季からBSへスイッチしたウィリアムズの結果からも
単にBSタイヤだけに問題があるとは言えない。
元々『TF106』はミシュランタイヤにマッチングさせた『TF105B』の改良型。
M.ガスコインがBSへスイッチをすることを想定して製作したかというと疑問が出てくる。

これ以上「Aスペック」に期待は出来ない。
ヨーロッパラウンドに投入予定している「Bスペック」に期待したいが、パフォーマンスが
急激に向上するとも思えない。
実戦データを「Bスペック」へフィードバック出来るかどうか、トヨタ浮上のポイントになる。
「Bスペック」投入までの前半戦は「我慢」するしかない。

http://www.toyota-f1.com/public/jp/gp/01_bahrain/race/report.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-03-14 00:16
<< 山本宜久、3.15『HERO&... 2006 F1GP 開幕 >>