星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
『世界最速のF1タイヤ』
c0039708_7345630.jpg


新潮新書ベストセラー「国家の品格」「壁」シリーズを「スルー」.....「眼」が止まった。

今季からトヨタのパートナーとなるBS(ブリヂストン)、浜島裕英さんの著書で、入社から
F1参戦への道程、「タイヤ屋」の眼を通してF1中継では見れない裏側も教えてくれる。
元々モータースポーツ部門が志望でなかったらしく、日本を代表するドライバー、星野
一義や中嶋悟の名前や顔も知らなかったという。
そんな今日の浜島さんがあるのはF2時代にミシュランに叩かれた苦い経験。
そのミシュランも今季でF1から撤退、来季からはBSのワンメイクとなる。
過去にも経験があり、ライバル不在はモチベーションを保つのに苦しかったという。
やはりと言うべきか、フェラーリとの関係が強い。
浜島さんがガレージに常駐してもらことがNo.1チームの証、トヨタもそんなチームになってほしい。

シーズン開幕前に出会えたことで、今までと違った視点で観ることが出来る。
カテゴリー(Motorsports)へフィードバックしたい。
[PR]
by yousuke_kubota | 2006-01-28 07:46
<< 前田日明、「2.26徳島がラス... 成瀬昌由、新日本プロレス退団 >>