星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
阪神 vs ヤクルト 3回戦 【 4月3日 大阪ドーム 】
プロ初登板がプロ初先発となる能見、2本塁打含む5失点と投手(高井)に
まさかの本塁打を打たれてからリズムを崩し、その後はパニック状態。
ストレートはまずまず走ってしたが、変化球のキレ、制球が悪いように見えた。

2番手は吉野、ワンポイント(岩村)の仕事をしてくれた、復活も近い。

3番手は橋本、2点リードしている状況で今まで通りの投球が出来るかどうか?
注目したが、速球でグイグイ押すピッチングでラミレス、古田を処理した。
リードしている中盤の貴重な中継ぎになりそうだ。

4番手・藤川、5番手・ウィリアムス、6番手・久保田、2005勝利の方程式。
藤川、久保田の球速が速い!
藤川はMAX150km、久保田はMAX153kmを計測。
ヤクルトの後ろ(石井、五十嵐)も素晴らしいが、阪神の後ろも負けてはいない!

打線は3本塁打含む14安打、やはり格が落ちると爆発する。
4点差ついても負ける気がしなかった、高井の調子は良いと思えなかったし
石井が登板する8回までの残り4イニングで得点を入れればなんとなるだろうと
思った。
ヤクルトは石井に繋ぐまでの中継ぎの弱さが出たと思う。

今季初観戦を白星で飾れてホッとしています。
貴重な!?スペンサーの本塁打も見れたし。
次戦は「4.10 」対横浜戦(甲子園)。
c0039708_2212894.jpg
c0039708_22121923.jpg

[PR]
by yousuke_kubota | 2005-04-03 22:16
<< リザルト / 2005 F1バ... 阪神 vs ヤクルト 2回戦 ... >>