星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
プレビュー / 2005 F1バーレーンGP
マレーシアに続き暑いバーレーン、佐藤琢磨が体調不良で出走回避したように
ハード(マシン)だけでなくソフト(ドライバー)のコンディション調整も大事。

F1参戦4年目にして念願の初表彰台獲得したトヨタ、2戦連続完走させた
エンジンの耐久性、信頼性は保障済み。
バーレーンではニューエンジンで開幕戦と同じ状態で出走が可能。
マレーシアではタイヤトラブルに見舞われなかったが、まだまだ安心とは
いかない。

砂漠の中のサーキット、コンディションが勝負を左右する要素のひとつ。
エアフィルターを装着するもエンジンに影響を及ぼさないか?
オフラインは砂が乗りスリッピーになり易く、レース後半はタイヤの消耗が
激しくブレーキングが悪くなる。
少しでもラインを外れるとスピン、コースアウトが待っている。

新型車投入でフェラーリが本気モード、楽なレース展開にならないと思うが
マレーシアがフロックでないことを魅せてほしい。
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-29 22:56
<< 「HERO」とは、前田日明である 6月、HERO’Sメガバトルト... >>