星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
フラッシュバック / 2005 F1マレーシアGP
今シーズンの目標は「表彰台」。

開幕前に首脳陣が口を揃えてこう答えていた。
開幕戦の内容、第2戦目の予選でのトゥルーリの走りで手ごたえを感じて
いたが、まさか開幕2戦目で表彰台に上がるとは開幕前には思わなかった。

高温のマレーシア、気になるのがタイヤライフ。
オーストラリアではリアタイヤにトラブルが起きペースダウンをせざるを
得なかったが、マレーシアではトゥルーリ、ラルフともタイヤトラブルは
起きなかった。
タイヤ同様、2戦目連続となるエンジンの負担も大きい。
2台とも白煙を噴くこともなく、2レース完走することが出来き、加えて
カスタマーエンジンを供給しているジョーダンも2レース完走しトヨタ
エンジンの耐久性、信頼性を証明することが出来た。

トゥルーリはルノー(アロンソ)の速さについていくことが出来なかったが
表彰台を意識しての後半ペースダウンさせてマシンを2位でチェッカーを
受けれるように導いて完璧な仕事をしてくれた。
ラルフはウェバーとの接触によるマシンのバイブレーション、フロントノーズ
交換のタイムロスで5位でフィニッシュ。
接触がなければ4位も有り得ただけに残念、しかし後半は我慢の走りで
最低限(ポイント獲得)の仕事をしてくれた。

4年間トヨタを応援してきた者にとって最高の週末を過ごす事が出来た。
トラブルがあったといえフェラーリ(バリチェロ)を周回遅れにした時の
気持ち良さ、過去3年間はこの逆のシーンを何度見せられたか!

トゥルーリ、ラルフ、そしてチーム・トヨタ、GJ!(グッドジョブ)
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-24 23:25
<< 3.26決戦前夜 太陽、開幕ローテションから沈む >>