星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
田村の選択
試合スタイルに迷っていたらしいが、最終的には「VT」。
「魅せる」ことよりも「勝負」を優先したこの選択、それはそれで「正解」。

一方、あのリングで“グラップリングマッチ”をやってのけた中村大介、所英男。
関節を取りにいく二人の姿、「無心」そのもの。

田村、桜庭にもあんな頃があったが、そうさせないのは「時間」、経ち過ぎた。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/live/2008/2008123101/index.html
[PR]
by yousuke_kubota | 2009-01-04 19:23
<< クラプトン、ベックが日本で競演 行き場を失いつつある今岡 >>