星野さん、残念ですがタイガースは2年間シリーズに出場出来ません
フラッシュバック / 2005 F1オーストラリアGP
F1開幕戦を終え「開幕熱」も冷めたところで検証してみる。

ファンの声は一様に「つまらない」「退屈だ」と不評だ。
原因はやはり新レギュレーション。
エンジン、タイヤを労っていたのかオーバーテイクが少ない。
順位変更が起きたのは給油によるピットインによるものが多い。
新レギュレーションによる初GPだけに不確定要素が多く慎重になった
為によるものかもしれないが、数戦レースを消化しデータを収集し
信頼性を得たらオーバーテイクシーンが増えるだろう。

危惧されていた新レギュレーションの抜け道。
この抜け道を利用すれば完走は10台前後、ラスト1周、2周でリタイア
するチームが出てくるだろう。
今回利用したのがB.A.R。
エンジントラブル(無かったはず!)でチェッカー受けずにピットイン。
次戦は新しいエンジンで走ることが出来、気温の高いマレーシアでは
有利に働く。
グレーな部分がある新レギュレーションにも問題があるが、戦略とはいえ
利用する側にも問題がある。
別な見方をすれば、B.A.Rのポテンシャル不足であることを証明して
いるようなもの、現実にウインターテストも不調で戦前の評価も?
レース後の佐藤琢磨もそのようにコメントしている。
2005年はB.A.Rにとっては厳しいシーズンになりそうだ。

B.A.Rの不調はどうでもいい!我がトヨタが心配だ。
トヨタ予選最高位2番手からスタートしたトゥルーリだが、1回目の
ピットイン(給油)後にリアタイヤにトラブルが起きズルズルと後退し
9位で終えた。
トラブルはブリスター、チーム側は「今まで出たことのない症状」と
コメントしている。
ラルフはノートラブル、タイヤの磨耗も悪くなかったらしい。
トゥルーリの前半の猛追は、テストの問題点が解消されたと想定して
のパフォーマンスか?それとも解消されてないことを知った上で
前半でアドヴァンテージを持とうとしていたのか?
突発的なトラブルという言い方から、問題点は解消されていたと
チーム側は思っていたかもしれない。
しかし、現実はそうではなかったようだ。
実際のところ、このトラブルが突発的なものか、慢性的なものかは
まだまだ不明だ。
次戦で同じ症状が出たら、TF105に問題があることが間違いない。
熱いマレーシアは2戦目となるエンジンには厳しい環境、「RVX-05」
の耐久性、信頼性が試される。
ブロー(白煙)しないことを祈る!
[PR]
by yousuke_kubota | 2005-03-09 20:53
<< オープン戦( 阪神 vs 東北... オープン戦( 阪神 vs 横浜... >>